Office

【海外】MS、Office 2019のネガティブCMを公開。

更新日:

マイクロソフトはOffice 2019を先日発売したばかりですが、米国ではOffice 2019を批判する内容のコマーシャルをマイクロソフトが開始しました。

 

話題のCM

CMでは双子の2人がOffice 365とOffice 2019を使って作業を開始。

Officeを使って同じタスクを開始するが、Office 365の方が圧倒的に早く仕事が終わり、Office 2019では仕事が終わらないという内容です。 最後に「秘密はない、答えはOffice 365だから」というメッセージが表示されて終了です。

 

Office 365が早い理由

Office 365では最新のマイクロソフトオフィスが常に使えます。 Office 2019の発売前から殆どの機能はOffice 365で利用できましたし、今後Office 2021が発売されるとすればその機能だって近いうちに使えるようになるでしょう。

Office 365はクラウドを中心としたサブスクリプションサービスのOfficeなのでマイクロソフトが開発した様々な最新機能がいち早く提供されます。 またクラウドAIを使ったツールなどOffice 365でしかつ買えないオンライン機能も多数あります。

そのためこのコマーシャル映像ではOffice 365の方が早くタスクが完了しています。

 

Office 365はかなりオトク

Office 365は毎回Officeの買い切り版を買うよりも安いですし、5台まで同時に同じアカウントでサインインして利用できます。 OneDrive 1TBやSkype固定電話60分通話などのサービスも利用できるので、Office 365はOfficeを使わなくてもお得なサービスといえそうです。

--

本国では”買い切りOfficeなんて古い”とCMまで作るくらいなのに、日本では未だにSurfaceにOfficeつけるの、そろそろやめて貰えないですかねー。 Surface Goなんて未だにOffice 2016がついてるワケですし…。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Office

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.