Office

Microsoft Office、早くもApple Silioconに対応するアップデート提供を開始。

マイクロソフトはMicrosoft OfficeのMac版をアップデートしました。この2020年11月のアップデート(Build 16.43)では、Apple SiliconをサポートするMacOS BigSurの最適化が行われます。

なお現時点ではApple SiliconベースのMacOSデバイス用にネイティブでOfficeアプリを提供することは出来ていません。代わりにRosetta 2機能を使用してAppleシリコンプロセッサがソフトウェア的のロジーを介してIntelチップセット用にコンパイルされたアプリを実行出来るようにします。その結果エンドユーザーとビジネスユーザーは既存の方法でOfficeをインストール、展開出来ます。機能に違いはありませんが、Rosetta 2を使った場合、Intelアプリと比べた場合起動とパフォーマンスは劣ります。

各Officeアプリの最初の起動には、オペレーティングシステムがApple Siliconプロセッサ用に最適化されたコードを生成する必要があるため、時間がかかります。このプロセスが完了するまでの約20秒間、アプリがドックで「バウンド」することに気づくでしょう。その後のアプリの起動は高速になります。

Microsoft 365 and Office 2019 support for Apple Silicon - Office Support
Microsoft 365 and Office 2019 support for Apple Silicon - Office Support

This article was last updated on December 15 at 9:00 AM Paci ...

support.microsoft.com

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Office
-, ,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5