Office

Office 2016がInsiderアップデート、OneDriveのファイル削除に対応。

更新日:

マイクロソフトはOffice Insider向けに Office 2016 Build 10814.20004をリリースしました。 今回のOfficeはWindows Desktop向けであり、サポートされているオペレーティングシステムすべてでダウンロードすることが出来ます。

今回のアップデートではいくつかの新機能やバグ修正が行われています。

 

Office 2016 Build 10813.20004の新機能

  • OneDriveまたはSharePointファイルの名前を変更する:One DriveまたはSharePointに保存されているWord、Excel、PowerPointファイルの名前を変更できるようになりました。Word、Excel、PowerPointでは、トップレベルのアプリケーションタイトルバーをクリックすることで、この新しい名前変更機能を見ることができます。
  • OneDriveまたはSharePointファイルをWord、ExcelまたはPowerPointから削除する:Word、ExcelおよびPowerPointファイルをMost Recently Used(MRU)から削除できるようになりました。Word、Excel、PowerPointでは、バックステージファイルリストからファイル名を右クリックすると、この新しい削除機能が表示されます。

バグの修正と改善

  • Word:クラウドに保存する際にクラッシュする問題を修正しました。デフォルトでデザインモードが切り替えられた問題が修正されました。
  • Excel:ステータスバーにマクロ記録アイコンの表示を修正しました。コンテキストメニューからSmartArtクイックスタイルを変更した後にワークブックを閉じるときにExcelのクラッシュを修正しました。私たちは、コメントペインで選択したコメントの可視性を改善しました。
  • PowerPoint:特定のファイルを開くときにシステムビープ音が発生する問題を修正しました。私たちはテーマでレンダリングの問題を修正しました。
  • Outlook:暗号化された電子メールへの返信が機能しない問題を修正しました。
  • アクセス:ユーザーがレポートを電子メールで送信できない回帰が修正されました。バージョン情報のprintfでバッファオーバーランのためにSTSLIST.dllがIEをクラッシュさせる問題を修正しました。
  • プロジェクト:さまざまなパフォーマンスと安定性の修正。
  • すべてのアプリ:電子メールの添付ファイル(Word、Excel、PowerPoint)から開いた文書を保存するときに[保存]ボタンが無効になっていた問題を修正しました。

ソース:

Office 2016 for Windows gets a big update on Insider rings
Office 2016 for Windows gets a big update on Insider rings

Microsoft has just released Office 2016 Build 10813.20004 fo ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Office

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.