Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Project xCloudのデモ、ローカルプレイと遅延はほぼ同じレベルを実現。

X3oudでE3 Microsoft Theatreのデモンストレーションで<em> Gears of War 4 </em>を実行しているプロジェクト。

ArsTechnicaによると、マイクロソフトシアターで開催されているE3 2019のProject xCloudの展示では少なくともビデオ分析では遅延がほぼないことがわかりました。

 

展示の環境

展示されていた環境はUSB経由で有線接続されたXbox OneコントローラーにマウントされたサムスンGalaxy S8でProject xCloudが試すことが出来たようです。 これはMicrosoft シアターのWi-Fiに接続されていましたが、マイクロソフトシアターのネットワーク環境についての詳細は明らかにされていません。

 

Halo5をテスト


実際にHalo 5をプレイすると指に反応して60fpsで動作しているように見えました。 しかし正確に反応速度を確認するためのツールはありません。 そこでArstechnicaは次のような方法で検証しました。

ArstechnicaはiPhoneのスローモーションカメラ機能を使い、Aボタンを押してからスマートフォンの画面に応答が表示されるまでのテストを3回おこないました。

テストの結果240fpsのビデオの16フレーム(67ms)でした。 2017年のDigital FoundryのテストでXbox OneでのHalo 5の測定は63msだったため、入力遅延はほとんど認識出来ないレベルだということが分かります。

もちろん実際にユーザーが使う環境では様々な種類のゲームや環境(ホームネットワークなど)によって左右されるため、実際のテストはローンチするまで試すことは出来ないでしょう。

しかし少なくともE3のデモに置いては想像以上の結果を残したと言えます。

Project Xcloud demo of Halo 5 nearly indistinguishable from local play | Ars Technica
Project Xcloud demo of Halo 5 nearly indistinguishable from local play | Ars Technica

Only a few ms of additional input latency when streaming to ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-,

© 2020 WPTeq