Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

Project Scorpio、既存のXboxOneゲームもより高いパフォーマンスでプレイ可能。

Digital foundryはProject Scorpioの仕様とスペックを公開しました。 

その中でもいくつか重要そうなキーワードをまとめてみました。

 

image

 

・Project Scorpioの圧倒的なパワーは既存のXboxOneゲームのフレームレートも増加させスムーズに実行できます。

・一部のXboxOne後方互換対応タイトル、ベヨネッタのようなタイトルで発生しているフレームレートとティアリングの問題も解消されます。

・HALO5やWitcher3のような動的解像度採用ゲームでは常に最大解像度でロックされます。

・既存のXboxOneゲームは大幅なメモリ帯域幅の改善によりロード時間が短縮されます。

・従来XboxOneゲームは4xテクスチャフィルタリングを行っていましたが16xテクスチャフィルタリングになります

・Forza Mortersport 6のテクニカルデモでは最適化不足にもかかわらず4K/60fpsで十分に動作しました。

・4K HDR/60fpsでの動画キャプチャに対応。

・パワフルな性能を最先端の冷却システムを設計しました

・Project Scorpioの4KパフォーマンスはGTX 1070、Fury X-Classに十分対抗しうるものです。

・Digital foundryの予想では価格は500ドルの範囲。(約5万5000円)

 

ソース:

https://mspoweruser.com/project-scorpio-substantially-improve-existing-xbox-one-backward-compatible-games/

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5