WindowsPhone

Windows Brifge for iOS がリリース。 iOSアプリを簡単にWindowsへ移植!

更新日:

Windows Bridge for iOSは

Windows用開発ツールVisual Studio上で

iOSアプリの開発言語”Objective-C”をサポートするというもの!

 

 

app_types[1]

 

動作環境

・Windows10

・Visutal studio 2015

 

ダウンロード

http://blogs.windows.com/buildingapps/2015/08/06/windows-bridge-for-ios-lets-open-this-up/

 

Android版について

AndroidアプリをWindowsで動かすWindows Bridge for Androidについては

秋頃にベータ版がリリース予定とのこと。

Androidの方が簡単そうなのに開発が遅れているのは意外でした。

それだけMicrosoftはiOSアプリが欲しいということでしょうか。

 

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】
高橋 京介
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 2,349

--

 

どんどんWindows用アプリ作って欲しいですね!

たまにiOSやAndroidのアプリ使いたきゃわざわざWP使う必要ないだろ!

みたいなこと言う人いますけどそうじゃないんです。

WindowsPhoneの基本UI、標準アプリのまま便利アプリやゲームが使えることに意味があると思うんです。

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-WindowsPhone
-, , , , , , ,

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.