WindowsPhone

Lumia 950 XL on Windows10 ARMがさらに成長。

Lumia上のWindows 10 ARM

 

マイクロソフトはモバイルOS、Windows10 Mobileのサポートをまもなく終了し今後はiOSやAndroidといった他社のオペレーティングシステム向けのアプリやサービスの開発を行うとしていますが、一部のファンはまだLumia 950やLumia 950 XLのようなデバイスを持っています。

 

最新ドライバーが提供開始

Windows10 Mobileデバイスは最近は新機能が追加されていません。 それどころかサービス終了によりアプリやサービスが減っていく一方で、2019年12月にはセキュリティアップデートも完全に終了する予定です。

幸いなことにLumia 950 XLのユーザーは非公式なWindows10 ARMをインストールすることで最新のOSを使い続けることができます。

独立系ソフトウェア開発者のGustave氏、Ben氏などは長い間Lumiaスマートフォン上でフルスペックのWindows10を動作させることに取り組んでいました。

2019年7月の最新の進捗では、新しいドライバパックがLumia 950 XL on Windows10 ARMで利用できるようになっています。 これにより、一連の不具合の修正、改良がおこなわれています。

 

更新内容

今回の更新では、デュアルSIMデバイスでのモバイルデータ接続の不具合が修正されています。 また新しいドライバーはLumia 950 XLのメインスピーカーに影響を与えずにオーディオボリュームをコントロールし、通話中の音声などの音量も改善しています。

FMラジオ再生中は再度の音量ボタンを使って通話とFMラジオの音量を制御できるようになり、Cortanaの音声認識もマイクの不具合が修正されたため完全に機能します。

またタッチドライバやDirectXコンポーネントに関する修正も含まれています。

Lumia 950 XLで非公式なWindows10 ARMをインストールするには以下のプログラムを入手する必要があります。

  • WoA Deployer from here.
  • Firmware from here.
  • Driver from here.

このプログラムはまだ開発中であり、ジャイロやモーションセンサー、環境光センサーなどが正常に動作しない不具合などが残っています。

Windows 10 ARM for Lumia 950 XL makes more progress
Windows 10 ARM for Lumia 950 XL makes more progress

Microsoft has stopped developing Windows 10 Mobile to focus ...

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-WindowsPhone
-, ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.