Windows講座

Windows 10ストアアプリ(UWP)のアイコンが壊れる原因と対策について【Windows 講座】

Windows 10には様々な機能があります。便利で自由度が高い反面、思わぬアプリケーションが思わぬ不具合を引き起こしていることがあります。今回はWindows 10ストアアプリのアイコンが壊れてしまう不具合について、問題をご紹介します。

 

問題:ストアアプリのアイコンが壊れる

マイクロソフトストア(Windowsストア)でダウンロードしたアプリケーションのアイコンが適切に表示されなくなってしまう。

 

原因:Google Drive File Stream

不具合の報告によると、Googleが開発している「Google Drive File Stream」の不具合のようです。このアプリケーションをインストールしている場合、Windows UWPアプリケーションのアイコンを非表示にしてしまうことがあります。

 

修正方法:Google Drive File Streamのアンインストール

Googleが不具合を数年にわたって放置していますが、アップデートで修正する可能性もなくはありません。しかし一番手っ取り早い修正方法は、Google Drive File Streamをアンインストールすることだと思います。

Google Drive File Streamを残したままアイコンを修正する方法も色々と調べてみましたが、残念ながらこれといって決め手になる修正方法は見つかりませんでした。

アイコンが壊れるのはWindows 検索画面のみのようなので、スタートメニューやタスクバーでは正常に表示されますし、Google Drive File Streamが必要な環境の場合は気にしないようにするしかないかも知れません。

 

修正方法:Google Driveをインストールしていない場合

  1. Windowsのスタートを押す
  2. [設定]を開く
  3. [更新とセキュリティ]を開く
  4. [トラブルシューティング]を開く
  5. [追加のトラブルシューティングツール]を開く
  6. [Windows ストアアプリ]を開く

トラブルシューティングでストアアプリの問題を修正してくれる可能性があります。

 

--

 

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows講座
-, ,

© 2020 WPTeq