Windows

システムファイルにReFS対応へ、最新のWindows 11 Insider Buildにて。

Windows 11の最新のInsider Buildでは従来のファイルシステムフォーマットである『NTFS』に加えて、新しくResilient File System(ReFS)がサポートされているようです。

ReFSとは

ReFSはマイクロソフトが開発した新しいファイルフォーマット。現時点ではWindows Serverで利用されていますが、一般的なWindowsでは使われていませんでした。Windows 11 Insider Buildの最新版では現在隠し機能として実装されており、有効にすることでReFSが利用できるとのこと。

ReFSを使用すると、255TBを超える大容量ストレージのサポート、データ復旧、パフォーマンス、セキュリティなどの面でNTFSよりも優れている可能性があります。

より安全なWindows

新規インストールのデフォルトのファイルシステムが将来的にReFSに置き換えられると予測されています。マイクロソフトはReFSに置き換えることで、Windows 11の全体的なエクスペリエンスを向上させることが期待されます。

created by Rinker
マイクロソフト
¥17,600 (2024/04/24 20:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 

-Windows
-, ,