Windows

Windows 11、高解像度ビデオストリーミング対応などのAndroid統合を改善。

マイクロソフトのWindows Subsystem for Androidは現在最も活発に開発されているWindows 11の機能の1つです。Windows 11は多くのユーザーにとって優れたオペレーティングシステムではないかもしれませんが、優れた機能が多く開発されています。その1つはAndroidアプリのサポートで、今回の改善でDRMで保護された高解像度ビデオストリーミングをサポートするようになりました。

DRMビデオの対応

Android 13以降のWindows Subsystem for AndroidではDRMで保護された高解像度ビデオストリーミングをサポートするようになりました。これによりWindows 11はNetflixやAmazonプライムといったビデオアプリを利用することができるようになることが期待されます。

残念ながら現時点ではビデオストリーミングはWSA上では制限されており、パフォーマンスにも問題があります。しかしマイクロソフトは今後数ヶ月以内に改善する予定であるとしています。

Surfaceの魅力が高まる

AndroidのサポートはSurfaceのような2in1デバイスにとっては大きな変化といえます。Surfaceではタッチデバイスであるにも関わらずタッチアプリケーションが不足しており、スマートフォンのように使いたい人にとって不満の声もありました。

Androidアプリの強化によりタッチ対応アプリが増加し、今までよりもタッチフレンドリーになることが期待できます。

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Windows
-, ,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました。

広告をブロックしていることを検出しました。

ブラウザーまたはアドオンの設定から搭載をホワイトリストに入れるか、広告ブロッカーを無効化してください。

当サイトは広告収入によって運営されており、広告ブロックを回避され続けている場合、サイトの運営は不可能になります。ご協力お願い致します。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock