Windows Windows講座

パソコンの買い換え時ってどんなとき?【Windows講座】

更新日:

PC20171027neko_TP_V1[1]

 

スマートフォンやタブレットに比べてWindowsパソコンは比較的長い間同じ機種を使っている人が多いと思います。

しかし長くデバイスを使っていると”新しい物に買い換えるべき”と思うタイミングが必ずやってきます。

PC利用で深刻なトラブルに巻き込まれる前に、PCをアップグレードするべきタイミングは次のような場合があります。

 

動作が遅い

最も一般的な買い換え理由は性能が古く、遅くなっていること。

「Ctrl+Alt+Del」を押してタスクマネージャーを開き、パフォーマンスを確認して下さい。

 

あなたのCPU使用率は常に100%付近で実行されていませんか? ファンは最大速度ではないですか? RAMはいっぱいですか? ディスクは常に回り続けていませんか? ブルースクリーンを頻繁に見かけますか? パソコンはそもそもかなり古くなってませんか?

 

古いパーツを使ったパソコンは時間が立つにつれて最新のソフトウェアを使うことが厳しくなってきます。

 

デスクトップパソコンでは寄り多いRAMやCPUの交換を行うことが出来ますが、婆によってはマザーボードのような大がかりな交換が必要です。 面倒であればやはりパソコンごと買い換えることが推奨されます。

ノートパソコンの場合、一部の機種でRAMの追加やSSD、HDDの交換が可能です。 しかしWindows7以前に購入したパソコンは恐らくかなり古くなっているのでそろそろ交換するタイミングでしょう。

 

ニーズが変化した

初めは電子メールやWeb閲覧、WordやExcelといったOfficeアプリケーションのために低スペックなマシンを購入したかもしれません。

しかしパソコンを使い続けていくうちにあなたの興味が変わったかもしれません。

ゲームをプレイしたくなったり、ビデオ編集のようなパワーを必要とするクリエイティブなことがしたいと思った場合はお使いのパソコンでは処理できない可能性があります。

 

そんなときは最新のソフトウェア、最新のハードウェアに更新する必要があります。 もしあなたがYouTubeで動画投稿をしたい場合は古いパソコンを使い続ける前に、パソコンの買い換えをおすすめします。

 

本格的なゲームがしたい

ゲームはパソコンで最も人気のあるコンテンツの1つですが、同時に最もパワーを必要とするコンテンツでもあります。

グラフィックスを適切に処理できるには強力なパワーが必要で、殆どのパソコンにはプロセッサに統合された簡単な内蔵グラフィックスしか備えられていません。

 

ゲーミングPCは一般的に10万円~の高価な物が多いですが、幸いなことに必ずしも高価なパソコンが必要なわけではありません。

CS:GO、League of Legendsのような動作の軽いゲームをプレイするために、800ドルのグラフィックスカードは必要ではありません。

 

物理的な故障

長く使っていればいつか物は壊れてしまいます。

程度にもよりますが、古いパソコンを使っていれば修理に出すよりも本体ごと買い換えた方がお得な場合がたくさんあります。

古いパソコンに投資し続けるのはやめるべきです。

 

新たなコネクタ

パソコン世界は常に進化しています。 もしかするとディスプレイにVGAで接続しているかもしれませんが、現在はDisplay PortやHDMI、USB-C、Thunderbolt 3のようなフォーマットに移行しています。

 

拡張ポートはデスクトップであれば増設出来るかもしれませんが、マザーボードの相性で動作しない場合もあります。

こういった場合も本体の買い換えを行う必要があります。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.