Windows

Windows 11、次のアップデートでコントロールパネルの機能がさらに設定に移動へ。

マイクロソフトはコントロールパネルをレガシーな機能と位置づけており、多くの機能を「設定」に移動しています。この移行作業はWindows 8から行われましたが、Windows 11でも完全に完了しているわけではなく、慎重に移行されています。

アプリのアンインストールが強化

Windowsの設定アプリでより多くのアプリが削除できるようになりました。いままで設定アプリではWin32デスクトップアプリを含む一部のアプリケーションが認識できなかったため、コントロールパネルからアンインストールする必要がありました。

しかし今後は設定アプリから直接アンインストールを行うことが出来るようになります。これは相互依存関係を持つアプリのアンインストールも含みます。例えば、Steamアプリやゲームについても削除したり修復できるようになります。

コントロールパネルはまだなくならない

マイクロソフトはコントロールパネルの移行を院長に勧めており、まだ重要なタスクの多くがコントロールパネルに依存しています。しかし着実に移行は進められており、将来的にコントロールパネルを削除することが目標だとされています。

--

-Windows
-, ,