Windows

Internet Explorer、一部サイトでEdgeへの移行を促す警告表示が行われるように変更

 

マイクロソフトはInternet Explorerで一部サイトを開こうとすると自動的にMicrosoft Edgeに転送されるように更新しました。

 

強制転送について

強制転送は1156のサイトで行われ、YouTubeやTwitterなどの有名なWebサイトも含まれます。これらにアクセスすると自動的に新しいEdgeが開くという仕様になっています。なおIEで続行することは出来ません。

 

無効化について

この強制転送はかなり強い措置ですが、一部の顧客に向けてオプションも提供しているようです。正しInternet Explorerは長くアップデートが行われていないため原則としてIEしか対応していないWebサイト以外はInternet Explorerで閲覧するのは避けた方が良さそうです。

created by Rinker
日本マイクロソフト
¥6,059 (2021/06/15 13:37:06時点 Amazon調べ-詳細)
「IE」で一部のサイトを開くと「Edge」に転送--脱IEの一環で - ZDNet Japan
「IE」で一部のサイトを開くと「Edge」に転送--脱IEの一環で - ZDNet Japan

続きを見る

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5