Windows

Windows 11タスクバーの時計に 「秒」が追加されないわけ

現在マイクロソフトはWindowsの最新バージョンでタスクバーの時計で秒表示を制限しています。これはほとんどのユーザーにとっては気にならないことかも知れませんが、一部の秒表示をしたい人にとっては使いづらいと思うポイントかも知れません。

Windows 11では表示することは出来ない

Windows 10ではレジストリハックを使用して隠し機能を有効にすることでタスクバーで秒表示を有効にすることが出来ました。しかしWindows 11ではWindows 10と異なり、レジストリーでの秒表示オプションがサポートされていません。

マイクロソフトはレジストリーを編集して秒単位の時計を有効にする機能をサポートすることはもはや不可能であると説明しました。現在内部的にこの機能は完全に削除されており、マイクロソフトはその理由の1つがパフォーマンスの問題であると説明しました。

「現時点では秒数の表示はサポートされていませんが、今後の検討のためにチームはフィードバックを共有しています」とマイクロソフトの担当者はフィードバックHubで投稿しています。

マイクロソフトが時計で秒を表示しない理由

マイクロソフトはWindowsの開発ブログ上で理由を説明しています。

Terminal Serverサーバーのようなマルチユーザーシステムでは、1秒間に1回更新されるタスクバーの時計は1つではありません。むしろ、サインインした各ユーザーがそれぞれのタスクバーの時計を持ち、それが1秒ごとに更新される必要があります。つまり、1秒間に100個のスタックがページングされ、100個のタスクバークロックが再描画されることになります。これは一般に、システムがクロックの更新に全CPUを費やすことを意味し、あまり良いことではありません。

これは、ターミナルサーバーシステムで、キャレット点滅が一般的に無効になっているのと同じ理由です。100人のユーザーに対して500ミリ秒でキャレットを点滅させると、多くのCPUが浪費されることになります。1分間に100個の時計を更新するのでさえ、多くのシステムには多すぎるため、ほとんどのターミナルサーバー管理者は、タスクバーの時計を完全に無効にしています。

では、ターミナルサーバー以外のシステムではどうでしょうか?なぜ私の小さなシングルユーザーシステムは時計に秒を表示できないのでしょうか?

その答えは、やはりパフォーマンスです。

1分より速い周期的な活動は、Windowsパフォーマンスチームの監視下に置かれます。周期的な活動は、CPUが低電力状態になるのを防ぐからです。タスクバーの時計の秒数を更新することは、ユーザーにタイピングの行方を伝えたり、ビデオがスムーズに再生されるようにするのとは異なり、ユーザーインターフェイスにとって不可欠なことではありません。そして、本質的でない周期的なタイマーは最低1分とし、システムのウェイクアップを最小限に抑えるためにタイマーの合体を有効にすることが推奨されています。

Now that computers have more than 4MB of memory, can we get seconds on the taskbar? - The Old New Thing
Now that computers have more than 4MB of memory, can we get seconds on the taskbar? - The Old New Thing

Letting the CPU go to sleep.

devblogs.microsoft.com

--

 

 

 

-Windows
-, , ,