Windows

Windows 11、デフォルトブラウザーの変更が簡単にできるように修正予定。

マイクロソフトはWindows 11でワンボタンでデフォルトブラウザーを簡単に切り替えるオプションを削除したため、デフォルトブラウザーをFirefoxやGoogle Chrome、Operaなどに切り替えることは少し面倒になりました。マイクロソフトはフィードバックに基づきこの問題を修正しようとしています。

Windows 10と同じように

現在デフォルトブラウザーを他のブラウザーに変更しようとすると、Web関連ファイルを手動で変更する必要がありました。これはHTM、HTML、HTTP、HTTPS、SHTML、WEBP、SVG、PDFなどが含まれます。チェックボックスをすべてオンにしない場合、デフォルトブラウザーとして他のブラウザーに設定することは出来ません。

新しい設定方法では、設定ページにデフォルトブラウザーの設定ボタンがあり、これによってChromeやFirefoxといったブラウザーに簡単に設定できるようになります。

自由なブラウザー

マイクロソフトはどうにかMicrosoft Edgeのシェアを回復させようとしていますが、変更の手順を面倒にするというのはあまりいい方法ではなかったのかもしれません。

--

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 
  • この記事を書いた人

のっそす(WPTeq運営)

WPTeqのメインライター兼管理人。 初めてパソコンを購入した際にWindows Meでトラブルに見舞われ、それ以降Windowsに関するさまざまな資料を読むようになる。 Zuneに惚れ込んで以来、Microsoft製品にハマる。 好きなピニャータはファッジホッグ。

-Windows
-, , ,

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました。

広告をブロックしていることを検出しました。

ブラウザーまたはアドオンの設定から搭載をホワイトリストに入れるか、広告ブロッカーを無効化してください。

当サイトは広告収入によって運営されており、広告ブロックを回避され続けている場合、サイトの運営は不可能になります。ご協力お願い致します。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock