Windows Windows講座

Windows Mixed Realityのトラッキングを安定させる方法【Windows講座】

更新日:

Windows Mixed Realityのシステムで最も素晴らしい点の1つは外部センサーを用意しなくてもいいというところです。

ヘッドセットを頭につけてコントローラの電源を入れたら、すぐに仮想現実に飛び込むことが出来ます。

しかし外部センサーの欠如は完璧な体験ではないかもしれません。 殆どの場合トラッキングを見失うことはありませんが、トラッキングを見失うと方向感覚が狂い吐き気が発生する深刻な問題です。

ヘッドセットの全面に組み込まれたカメラでトラッキングされるコントローラはどうすればこの問題を防ぐことが出来るのでしょうか。

 

Windows Mixed Realityのトラッキングが見失うのは何故?

wmr-controller-tracking-state-01[1]

コントローラのトラッキングはWindows Mixed Realityのカメラ、コントローラの内部センサーを使ってリアルタイムに追跡予測します。

これはマイクロソフトが「Approximate Accuracy(概算精度)」と読んでいる追跡状態です。

おおよそ正確な位置を推測して動作しますが、コントローラが長時間トラッキング範囲にない場合「ポジションなし」の状態になる可能性があります。

センサーがコントローラをはっきり見える場所にいる場合、「高精度」状態になります。 すべてが完璧に動作する状態です。

コントローラがセンサーの端に近づくと「高精度(損失の危険性が高い)」になります。

 

この4つの機能を知っておくと、WMRの正確な精度で動作できない理由がわかり快適にプレイ出来ます。

 

直射日光が当たる環境でプレイしない

Windows Mixed Realityが正確に動作しなくなる理由の1つはVR空間の照明です。

窓が近くにある場合はカーテンを閉めましょう。 直射日光が当たるとコントローラのライトとヘッドセットのセンサーが干渉します。

また近くにクリスマスツリーなどの光源がある場合これもトラッキングの問題が発生する可能性があります。

ヘッドセットの前にあってもコントローラの追従に失敗する場合、Bluetoothセットアップのトラブルシューティングを行う必要があります。

 

コントローラが正しく接続出来ていることを確認する

image

トラッキングに問題があり、太陽光の干渉が内場合、コントローラの電源を切って再起動しましょう。

Windowsボタンを長押しし、もう一度Windowsボタンを押すと再起動できます。

 

トラッキングが悪い場合、Bluetoothの他の接続が干渉している可能性があります。 Bluetoothヘッドセットではなく有線オーディオを使う、Wi-Fiは2.4GHzではなく5GHzを使うといった干渉する電波を変更してみてください。

 

また、問題が改善しない場合Bluetoothが最新のドライバーになっているか確認します。スタートを右クリックしてデバイスマネージャーを選択します。

 

外部Bluetoothアダプタを利用する

パソコンに内蔵されたBluetoothが不安定な場合、外部アダプタを使うことをオススメします。

外部アダプタは可能であればUSB-A 3.0ではなくUSB-A 2.0ポートを使いましょう。

 

 

ソース:

https://www.windowscentral.com/how-fix-motion-controller-tracking-loss-windows-mixed-reality

 

Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101
日本エイサー (2017-10-17)
売り上げランキング: 1,741

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows講座

Copyright© WPTeq , 2018 All Rights Reserved.