Windows

Surfaceのウィルス対策、実は入れなくてもOK!むしろ入れない方がいい理由。

Microsoft Surfaceは、「Microsoft Windows」や「Microsoft Office Word/Excel/PowerPoint」などを発売するマイクロソフト社のパソコンです。一般的にWindowsのパソコンを使う場合、セキュリティソフト(ウィルス対策ソフト)を導入する必要があると考えている人もいると思いますが、実のところWindows 10やWindows 11を搭載したSurfaceではウィルス対策ソフトは必要ありません。

標準ウィルス対策ソフト「Microsoft Defender ウィルス対策」がすごすぎる

SurfaceおよびWindows 10/Windows 11に搭載されている無料ウィルス対策ソフト、「Microsoft Defender ウィルス対策」。これはWindowsを使用すれば無料ではじめから搭載されているウィルス対策ソフトで、無料でありながら非常に高度な機能を搭載しています。

業界No.1の安全性

Microsoft Defender ウィルス対策はドイツの独立した研究組織AV-Testのアンチウィルステストで何度もトップ評価に選ばれています。つまりウィルス対策性能において業界最高性能のソフトウェアであるということです。

調査は定期的に行われており、もちろん計測する期間によっては1位ではないこともあるのですが、それでもトップスコアを常に維持しているMicrosoft Defender ウィルス対策でセキュリティ性能で不足を感じることはほぼないでしょう。

Windows 10向けアンチウィルスソフト、最高評価は「Microsoft Defender ウィルス対策」が維持。 - WPTeq
Windows 10向けアンチウィルスソフト、最高評価は「Microsoft Defender ウィルス対策」が維持。 - WPTeq

Microsoft Security Essentials、Windows Defenderなどの名前で呼ばれていた無料 ...

wpteq.org

PCで不具合を引き起こす原因になりづらい

ウィルス対策ソフトは性質上コンピューターの非常に深い部分にアクセスし、動作を制御したりブロックしたりします。その仕組みは時としてWindowsの基本動作を妨げることがあり、アプリやWindowsの動作を不安定にすることもよくあります。

Microsoft Defender ウィルス対策ははじめから搭載されているWindows純正のウィルス対策ソフトであり、一般的なソフトであればこれが動作している状態でテストされています。つまりMicrosoft Defender ウィルス対策が原因でアプリやWindowsの動作がおかしくなる可能性はかなり低いということになります。

ほとんど気づかないシンプルさ

ウィルス対策ソフトを開いて設定を眺めるのが趣味ではない場合、ウィルス対策ソフトを眺めて設定を弄ることはあまり楽しい作業ではありませんよね。

Microsoft Defender ウィルス対策ソフトは通常状態でオンになっており、ウィルスが検出された時に通知されること以外特別することはありません。ウィルスが検出された場合は自動的にブロックされ、ユーザーがそのウィルスを修復、ブロック、削除、許可するかどうかを選択することができます。

動作も軽量であるため、ほとんどの人がウィルス対策ソフトの存在を気にする必要はありません。

有料ウィルス対策ソフトを別途いれることをおすすめしない理由

不具合の原因になる

他社製ウィルス対策ソフトはWindowsの不具合を引き起こすことがよくあります。動作が不安定になりやすくなるため、予期しない問題に対応する手間がかかる可能性があります。

無駄にお金がかかる

Microsoft Defender ウィルス対策は、Windowsがサポートされている限り無料で使い続けることができます。それに対して他社製品は年間料金がかかったり、広告が通知されるなどの方法がとられています。Microsoft Defenderであればこんなことは必要ありません。

セキュリティが低下する可能性あり

Windowsではウィルス対策ソフトは原則同時に1つまでしか実行できません。なので他社製ウィルス対策ソフトを使用するとMicrosoft Defenderウィルス対策ソフトはブロックされます。Microsoft Defenderウィルス対策ソフトは業界No.1の保護性能がありますが、他社製品の導入によってブロックされた場合、セキュリティの低下が懸念されます。

他のソフトをおすすめしているサイトは買わせたいだけ

一部のパソコン情報サイト、ブログでは有料のウィルス対策ソフトを入れることをおすすめしていますが、これは製品を買わせたいというのが主な理由だと思われます。安全性が上がるなどの具体的な理由は説明されておらず”有料だから安心”、”スマホなどでも使える”などのふわっとした理由を挙げていることがほとんどではないでしょうか。

上記で説明したとおり、Microsoft Defender ウィルス対策は非常に安全性が高いため、あなたが特定のニーズでウィルス対策ソフトをほしいと思わない限り、ウィルス対策ソフトを別途購入する必要はありません。

SurfaceでMicrosoft Defenderを使うには

SurfaceでMicrosoft Defender ウィルス対策ソフトを使いたい場合、通常何もする必要はありません。購入時のまま自動的に有効になっています。もしも他社製ソフトなどを導入していた場合、製品をアンインストールした後で以下の手順で動作しているかどうかを確認できます。

安全性の確認

  1. Windowsのスタートを開く
  2. [設定]を開く
  3. [Windows セキュリティ]を開く
  4. [ウィルスと脅威の阻止]が有効になっていることを確認する

リアルタイム保護を有効にする

  1. Windowsのスタートを開く
  2. [設定]を開く
  3. [Windows セキュリティ]を開く
  4. [ウィルスと脅威の阻止]を選ぶ
  5. [ウィルスと脅威の阻止の設定]を選ぶ
  6. [リアルタイム保護]を選ぶ

--

-Windows
-, , ,