Windows

TeamsとXboxの利用増でAzureサーバは775%アクセス増加へ。Xbox LiveとTeamsで一部機能制限も。

マイクロソフトは新型コロナウィルスの影響により、従業員が自宅で仕事が行えるテレワークとしてMicrosoft Teamsの利用が急増していること、そして自宅での自粛中にビデオゲームをプレイするためXbox Liveの負荷が急増していることを明らかにしました。 これらはMicrosoftのクラウドサーバーであるMicrosoft Azureが利用されており、同社はMicrosoft Azureが途切れなく機能するように調整を進めています。

 

状況

  • 社会的な距離の取ることやロックタウンが施行している地域では、当社のクラウドサービスの利用率が775%増加しています。
  • Teams の利用が大幅に急増し、現在では 1 日の利用者数が 4,400 万人を超えています。これらのユーザーは、1週間で毎日9億分以上の会議や通話をTeams上で行っています。
  • Windows の仮想デスクトップの使用率は 3 倍以上に増加しています。
  • COVID-19 ダッシュボードを市民と共有するために、政府が公開の Power BI を使用したところ、1 週間で 42 パーセント急増しました。

制限

こういった状況からいくつかの機能制限が明らかにされています。

  • Xbox LiveではXbox Liveプロフィール写真の変更機能が一部制限されます。 そのため写真をプロフィールやクラブにアップロードすることは出来なくなっています。
  • Microsoft Teamsでは現在調整を進めており、今後の負担増次第ではビデオストリーミングなどで一部制限が発生する可能性があるとのこと。

 

created by Rinker
日本マイクロソフト
¥45,000 (2020/09/30 17:27:18時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq