Windows

撤回されたWindows 10 KB4524244は何が問題だったのか。

マイクロソフトは最近Windows 10のセキュリティアップデート「KB4524244」を撤回しました。 これはWindows 10 November 2019 Update、May 2019 Updateなどに提供されています。

 

サードパーティ

マイクロソフトの更新されたドキュメントによると、このパッチはサードパーティのブートマネージャーがコンピューターをセキュリティの脆弱性にさらす可能性があったためリリースされました。 しかしこのアップデートをインストールすると、一部の環境でトラブルが発生したり、初期化機能が正常に使えなくなることが報告されていました。

 

HPの一部PCで問題が発生

Redditの報告によると、HPでAMDのRyzenプロセッサ搭載機種で不具合が発生するとのこと。 マイクロソフトがHP製のRyzen搭載PCでテストしていれば問題を回避できたかもしれませんが、現実的には難しかったのかもしれません。

マイクロソフトはこのパッチを再リリースする予定はありませんが、サードパーティと協力して問題を解決する予定です。

 

問題がある場合は…

  1. Windows 10の検索バーに「コントロールパネル」で入力
  2. プログラムのアンインストールをクリック
  3. 左上のインストールされた更新プログラムを表示をクリック
  4. KB4524244を選択、アンインストールを選ぶとアンインストールできます。

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq