Windows

Microsoft Ad Monetizationプラットフォームが終了へ、UWPは廃止の流れ?

マイクロソフトは長い間UWPプラットフォームに殆ど投資をしておらず、廃止が噂されてきました。マイクロソフトが5ヶ月以内にWindows UWPのMicrosoft Ad Monetizationプラットフォームを終了するというニュースにってさらに説得力が増すことになりました。

 

Microsoft Ad Monetizationが終了

マイクロソフトは以下のような発表を行いました。

2020年6月1日から、Windows UWPアプリ用のMicrosoft Ad Monetizationプラットフォームはシャットダウンされます。この決定は主に、現在のレベルで製品を運用し続けることができなくなったために行われました。

注意すべきポイント

  • 広告収益化サービスは、2020年6月1日のシャットダウン日まで継続して実行されます。特定の掲載結果の低い広告ネットワークは、現在から2020年6月1日までシャットダウンされます。
  • シャットダウン日(つまり、2020年5月31日)より前のプラットフォームを介したデベロッパーの収益は、通常の支払いスケジュールに従って支払われます。
  • 広告パフォーマンスデータを含む履歴データは、6月8日までダウンロード可能になります。広告ユニットの設定、分析ページなどのすべての広告収益化Webページは、この日付以降に削除されます。
  • この移行は、現在Ad Monetizationプラットフォームに依存している開発者にとっては苦痛かもしれませんが、別の広告プラットフォームに移行するための十分な時間を提供したいと考えています。Windowsアプリの広告収益化の代替オプションを評価して、すぐに切り替えを開始することをお勧めします。

 

切り替えを推奨

マイクロソフトは他の広告プラットフォームへの切り替えを提案していますが、UWPをサポートするSDKを提供している広告プラットフォームは殆どありません。 つまりUWPで広告収益を得ていたアプリは殆どが収益なしで放置されることになります。

 

収益にならない

Windows 10は10億ユーザーを突破しているにもかかわらず、UWPの利用者は時間とともに減少しており、マイクロソフトは今後投資をすることもないように見えます。 Windows Phoneの終了によって実質的にUWPの意味を失っていましたが、いよいよ縮小が進んでいるように思えます。

 

Microsoft Ad Monetization platform shut down as of June 1st
Microsoft Ad Monetization platform shut down as of June 1st

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq