Windows

Surface Pen、さらに遅延を少なくする「インク予測ソフトウェア」の特許が明らかに。

Man drawing on his Surface Pro in Tablet mode with the Surface pen.

マイクロソフトの2in1デバイスSurfaceをタッチパネルのメモデバイスとして利用すると、僅かながらインク出力の遅延によってマーキングの精度を低下させることがあります。 ペーパーレスのメモ取りが利点にもかかわらず、ペンを使って読みやすいドキュメントを作ることが遙かに難しいことは否定できません。

Surface Studioがリリースされて以来、マイクロソフトはSurface Penの遅延問題をほぼ解決しています。 しかし同社は仮想インクをより早く表示するためにソフトウェアベースのソリューションについて言及しています。

 

特許内容について

インクの予測を行う機能について説明します。 いくつかの例ではユーザーによる空間的移動に関する情報を受信する。空間的移動は、ユーザーによって生成され、受け取った情報によって記述された空間的移動と、予測された将来の空間的移動の少なくとも一部とを反映するインクストロークを生成する。

インクの表示のために予測を調整する1つの方法について説明する。いくつかの例では、装置は、ユーザの空間的な動きに関する情報を受信する。装置は、受信した情報に基づいて、ユーザによる将来の空間的運動を予測し、受信した情報によって記述された空間的運動と、予測された将来の空間的運動の少なくとも一部との両方を反映するインクストロークを生成する。

 

より紙に近い書き味へ

Windows InkとSurfaceペン-これが、Microsoftが遅延を削減したい方法です

この技術が成功すれば、マイクロソフトは紙よりも未来的で持続可能なストレージソリューションへ移行させることを促進できます。 現状ではまだアナログよりも使いづらい部分も多いデジタルでのペン入力ですが、技術改良によって改善されるかもしれません。

Ink Prediction software is Microsoft's solution to the Surface Pen's latency issues - MSPoweruser
Ink Prediction software is Microsoft's solution to the Surface Pen's latency issues - MSPoweruser

If you use your Surface as a notepad, you’ll know that any d ...

続きを見る

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , ,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.