Windows

Windows10 X、いくつかのスクリーンショットがリーク。

マイクロソフトはWindows 10の新しい派生OS、Windows 10Xを開発しています。 これはデュアルスクリーンデバイス向けのOSで、従来のWindows 10から多くの点で変更されているカスタムOSということになります。

今回TwitterユーザーのBorisが公開したスクリーンショットに基づくいくつかの詳細をご紹介します。

 

新しいタスクバー

まずはWindowsのタスクバーからご紹介しましょう。 Windows 10Xの新しいタスクバーは中央揃えまたは左揃えのコンテンツ、ピン、最近のアプリ、タスクビューアイコンなどがあります。 全体的に従来の物よりもクリーンになっています。

 

ランチャー(スタート)

ランチャーセクションは、Windows 10Xのスタートメニューです。 資料によると、これはユーザーのタスクの開始と再開を支援するように設計されます。 丈夫には検索バーがあり、デフォルトのアプリグリッドもカスタマイズ可能です。

推奨コンテンツのエリアが用意されており、ユーザーの使用状況に応じて常に推奨コンテンツが表示されます。

 

  • 推奨コンテンツは動的に更新されます
  • ランチャーでの検索は、タッチ、キーボード、および音声入力をサポートし、Web結果とアプリおよびファイルに統合されています
  • アプリとウェブサイトはランチャーに固定でき、ドラッグすることができます
  • アプリのグリッドを拡張して、すべてのアプリを表示できます
  • アプリはウェブブラウザからインストールできます
  • 最大4つのOEMアプリをランチャーに固定できます
  • フォルダーとグループは、アプリをスタックすることで固定できます
  • グリッドから削除されたアプリはデバイスから削除できます
  • ランチャーには最大10個の推奨アプリがあります
  • [さらに表示]をクリックすると、他のアイテムをインラインで表示できます

ロック画面とログイン

ロック画面とログインはどちらもよりシンプルになります。 資料によると、これは出来るだけ早く利用できることを目指しています。 対応しているのは、パスコードログイン、PIN、Windows Helloです。

ログインする度にロック画面を閉じる必要があるWindows10とは異なり、Windows 10Xではより迅速に機能します。

 

クイック設定

クイック設定もナビゲートをより減らし、シンプルにしようとしています。 マイクロソフトは以下のようにWaveで分類しようとしています。

  • ウェーブ1:クイック設定と通知。アクションセンター。ネットワーク、音量、明るさ、バッテリー、すべての設定、Bluetoothおよび電源のコントロール
  • ウェーブ2:メンバーシップの原則。カスタマイズ、改善されたバイアル、ロック画面設定
  • ウェーブ3:分割およびスタック設定、Programmagbleクイック設定、OEM構成、

なお残念ながらスクリーンショットはありません。

 

その他

Windows 10Xは「必要な物はすべてある」としており、Win32アプリの対応なども噂されています。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.