Windows

新しいMicrosoft Edge、日本での配信日が延期へ… 確定申告期限延長の影響。

日本マイクロソフトはWindows 10向けのインターネットブラウザー「Microsoft Edge」の日本国内でのアップデート提供日を2020年4月17日以降へ延期することを発表しました。

 

確定申告サイトが対応していない

新しいMicrosoft EdgeはGoogle Chromeと同じChromiumベースのブラウザーに変更され、旧バージョンのMicrosoft Edgeとは大幅に異なる体験が可能となっています。

しかし日本の確定申告のWebサイトでは、Chromiumに対応しておらず旧バージョンのMicrosoft Edgeしか対応していないため、今回アップデートが見送られています。

 

海外では利用可能

新しいMicrosoft Edgeは海外ではすでに提供済みとなっています。 確定申告やEdge専用サイトの影響を受けない場合は新しいMicrosoft Edgeをダウンロードしてみることが可能です。

Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードする
Chromium ベースの新しい Microsoft Edge をダウンロードする

Chromium に基づく新しいバージョンの Microosft Edge をダウンロードする方法について説明します。

続きを見る

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥17,527 (2021/09/26 10:48:11時点 Amazon調べ-詳細)

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,