Windows

Windows10 19H2 Build 18362.10019がSlow RingのInsiderに提供開始。

Windows10 Insiderに登録しているSlow RingのInsiderには新しいビルドの提供が開始されています。 この新しいびるどは18362.10019となっており、Windows Update経由で公開されています。 最近のビルドでは珍しくすべてのSlow Ring Insiderが利用できます。

 

2つのグループに分けられていた

最近のWindows10 Insider Slow Ringでは、2つのビルドに分けられて配信されていました。 1つは新機能が有効になっているビルド、もう一つは無効になっているビルドです。 今回のBuild 18362.10019は両方で同じビルドナンバーとなっており、全ての機能が有効になっています。

 

更新と修正内容

修正内容は以下の通りです。(申し訳ないですが長いので機械翻訳です)

 

  • Windowsコンテナーには、ホストとコンテナーのバージョンが一致している必要があります。これにより、顧客が制限され、Windowsコンテナーが混合バージョンコンテナーポッドシナリオのサポートを制限します。この更新には、これに対処する5つの修正が含まれ、ホストがプロセス(Argon)分離の上位レベルで下位レベルコンテナーを実行できるようにします。
  • OEMが、OSによって一般的なハードウェア構成で選択された待機時間に固執するのではなく、デバイスのハードウェア機能に基づいてインク待機時間を短縮できるようにする修正。キーローリングまたはキーローテーション機能により、Microsoft Intune / MDMツールからの要求に応じて、またはBitLockerで保護されたドライブのロック解除にリカバリパスワードが使用されるたびに、MDM管理AADデバイスでリカバリパスワードを安全にローリングできます。この機能は、ユーザーによる手動のBitLockerドライブロック解除の一部として、偶発的な回復パスワードの漏洩を防ぐのに役立ちます。
  • サードパーティのデジタルアシスタントがロック画面の上で音声を有効にできるようにするための変更。タスクバーのカレンダーフライアウトから直接イベントをすばやく作成できるようになりました。タスクバーの右下隅にある日付と時刻をクリックしてカレンダーフライアウトを開き、希望する日付を選択してテキストボックスに入力を開始するだけで、時刻と場所を設定するためのインラインオプションが表示されます。
  • マウスでマウスをポイントすると、[スタート]メニューのナビゲーションペインが拡大して、クリックの行き先がわかりやすくなりました。
  • これらの設定をより親しみやすく理解しやすいものにするために、アプリの通知を調整するときに「バナー」と「アクションセンター」の意味を示すわかりやすい画像を追加しました。
  • [設定]> [システム]> [通知]の通知設定は、送信者名ではなく、最近表示された通知で通知送信者をデフォルトでソートするようになりました。これにより、頻繁な送信者と最近の送信者の検索と構成が容易になります。また、通知が表示されたときにサウンドの再生をオフにする設定を追加しました。
  • アプリ/ウェブサイトからの通知を、バナーとアクションセンターの両方で設定およびオフにするオプションを表示します。
  • メインの「通知とアクション」設定ページを起動するアクションセンターの上部に「通知の管理」ボタンを追加しました。
  • 新しいIntelプロセッサ用のデバッグ機能を追加しました。これは、ハードウェアメーカーのみに関係します。
  • 特定のプロセッサを搭載したPCの一般的なバッテリ寿命と電力効率を改善しました。
  • CPUには、複数の「優先」コア(使用可能な最高のスケジューリングクラスの論理プロセッサ)があります。パフォーマンスと信頼性を向上させるために、これらの好まれるコア間で作業をより公平に分散するローテーションポリシーを実装しました。
  • 組織にARM64デバイスを展開している企業の資格情報の盗難に対する保護を強化するために、ARM64デバイスのWindows Defender Credential Guardを有効にしました。
  • 企業がMicrosoft Intuneの従来のWin32(デスクトップ)アプリを許可するSモードのWindows 10ポリシーを補完する機能を有効にしました。
  • File Explorerの検索を更新して、PCでローカルにインデックス付けされたファイルに加えて、Webベースの提案を表示します。
  • ナレーターや他の支援技術がFNキーがキーボードのどこにあるか、どの状態にあるか(ロックされているかロック解除されているか)を読み取って学習する機能を追加しました。

アップデートの詳細についてはWindows Blogs(英語)をご覧ください。

 

Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用(最新) 32bit/64bit 日本語版|パッケージ版
  • マイクロソフト
  • 価格   ¥ 18,679 ¥ 19,008
  • 販売者 ウルマックスジャパン
クリックして今すぐチェック

--

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.