Windows

【噂】Microsoft、ARM搭載Surface Proを開発中かも?

更新日:

MicrosoftはSurfaceタブレットで従来のIntelプロセッサではなく、ARMのQualcommチップを搭載したSurfaceを開発しているようです。

 

ARM搭載は開発が遅い

マイクロソフトはSurface GoでARMを搭載するという選択肢を検討していたといわれていますが、実際にはIntelプロセッサーが採用されました。

ARMプロセッサを搭載すれば、バッテリー寿命は2倍程度になるといわれているため、最長20時間の動作が可能になると予想されます。

しかしARM搭載のWindows10デバイスがあまり増えていないところをみると、まだパフォーマンス面で期待通りの性能が出ていないことが原因と思われます。

 

高性能なSnapdragonを搭載?

マイクロソフトがSnapdragon搭載Surfaceを発売するとしれば、より強力なSnapdragon 8cxチップを搭載するのではないかといわれています。

Snapdragon 8cx搭載のWindowsデバイスはLenovoから発売される予定で、Snapdragon 8cxはSnapdragon x55と組み合わせることで5Gも実現することができます。

 

Microsoft Is Reportedly Toying with a Surface Pro on ARM - WinBuzzer
Microsoft Is Reportedly Toying with a Surface Pro on ARM - WinBuzzer

Microsoft reportedly has Surface Pro on ARM prototypes “floa ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.