Windows

壁紙が黒くなるWindows 7のバグ修正プログラムが提供へ。

Windows 7は既にサポートを終了したWindowsですが、マイクロソフトは最終アップデートで発生した不具合を修正するためのアップデートの提供準備を進めています。 発生している不具合は、壁紙をストレッチに設定している場合、壁紙が黒く塗りつぶされて表示されてしまうと言う物です。 現在回避する方法としてはフィットやタイル、センターといった別の表示方法を選ぶことですが、マイクロソフトは修正プログラムによって解決する予定です。

当初このアップデートは有料のアップデートプログラムを購入した企業ユーザー向けにのみ提供される予定でしたが、影響を受ける人が多いため全員に出荷される予定です。 なおWindows 7は既にアップデートが終了したOSであり、セキュリティ上の修正や新機能のアップデートは行われないため、インターネットには原則接続しないことが推奨されます。

 

※情報提供くださった方ありがとうございました。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-,

© 2020 WPTeq