Windows

Chromium版Microsoft Edge、53のGoogleサービス機能を削除。

更新日:

Microsoftが現在開発しているChromium版Microsoft EdgeのInsider Buildは多くのテクノロジー愛好家から賞賛を受けています。 高速で軽量、Chromeアドオンも使えるブラウザーですが、Chromeとの差別化が十分であるかユーザーは疑問を持っています。

プレゼン資料がリーク

Microsoftのリークで有名なWalkingCatはMicrosoft Edgeに関する資料を公開しました。 これにはカットされたGoogleサービスのリストが書かれています。

カットされたサービスは合計52個で、広告ブロック、Google翻訳、ユーザーデータ同期、Google Nowなどのサポートツールが含まれます。 またGoogleへのデータ送信サービスも削除されるためプライバシーが改善されたと言えます。

 

代替システムが用意

カットされた数々の機能の多くはMicrosoftアカウントシステムにより代替機能が用意されます。 Microsoftアカウントによるブックマークや履歴の同期が可能です。

 

Microsoft Removed 53 Google Services from Its Chromium Edge Browser - WinBuzzer
Microsoft Removed 53 Google Services from Its Chromium Edge Browser - WinBuzzer

Microsoft cut or replaced over 50 Google services from its C ...

続きを見る

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)
  • エリック・シュミット, ジョナサン・ローゼンバーグ, アラン・イーグル
  • 価格   ¥ 972 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.