Windows

Windows10でRAWファイルを表示する方法。

更新日:

Windows7Windows8では元々画像ファイルRAWをサポートするための無料コーデックパックがありましたが、Windows10の最新のエクスプローラー、標準フォトアプリではRAWファイルはサポートされていませんでした。

マイクロソフトはMicrosoft Storeで新しいRAWファイルをサポートするためのWindows10拡張を配信しました。

Raw Image Extensionは多くのミッドレンジからハイエンドで生産されたRAWファイルがWindows10でネイティブサポートされるようになります。

パッケージをインストールするとサポートされているRawファイルのサムネイルとメタデータをWindows10のエクスプローラーで直接表示、写真アプリで画像を表示したり出来ます。

しかしCR3GPRのようないくつかのRawファイルは現時点ではサポートされていません。

このパッケージはLibrawオープンソースプロジェクト(http://www,libraw.org)のおかげで実現出来ました。 対応カメラは、https://www.libraw.org/supported-cameras で確認出来ます。 Librawライブラリ、COMMON DEVELOPMENTおよびDISTRIUTION LICENSEバージョン1.0(CDDL-1.0)の下でライセンスされています。

MSストアでダウンロード

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.