Windows Windows:Accessory

バッファロー5ポートスイッチングハブ「LSW4-GT-5EPL」を買ってみた。

使用するデバイスが増えるにつれて、必要なLANポートも増えてきますが、自室の無線LANルーターのポート数だけではいっぱいになってしまい無線LANを使わざる得ない状態だったのでLANポートを追加するためにBuffaloのGiga Switchを購入してみました。

 

商品紹介

5ポートのLANポートを備えたスイッチングハブ。 電源外付けのローコストモデル。

  • ■対応機種:IEEE802.3ab、IEEE802.3u、IEEE802.3対応機器
  • ■伝送速度:1000M (1000BASE-T)、100M (100BASE-TX)、10M (10BASE-T)
  • ■データ転送方式:ストア&フォワード■バッファ容量:128KB■アクセス方式:CSMA/CD
  • ■アドレステーブル:約2000■ポート数:5ポート■伝送距離:最大100m
  • ■コネクター形状:RJ-45型8極コネクター■スイッチング・ファブリック:10Gbps
  • ■電源:100V 50/60Hz■最大消費電力:3.8W■エネルギー消費効率(W/(Gbit/s)):D区分:0.7
  • ■外形寸法(幅×奥行×高さ):104×85×26mm※本体のみ(突起部除く)■質量:約135g
  • ■動作環境:温度0~40℃、湿度10~85%※結露なきこと
  • ■保証期間:1年間■取得規格:VCCI classB■RoHS基準値:準拠
  • ■主な付属品:ACアダプター、ゴム足、取扱説明書※保証書はパッケージに記載

使ってみた感想

ともかく小さくて安いスイッチングハブ。

元々有線ポートがいっぱいだったため、やむえず無線で利用したPS4やNintendo Switchを有線で使いたくて今回購入しました。(有線にしたかった理由は、PS Nowゲームでの遅延やスマブラSPの安定化が目的)

結果から言えば買って正解だったと思います。

電源アダプターが大きくて接続場所を少し迷いましたが、延長コードを使うことで問題なく使うことが出来ました。 速度的にも問題なく利用できていると思います。

接続後の写真も撮ろうかと思ったのですが色々コードがスパゲッティで汚いのでテキストで接続状況をご紹介します。

 

自分の無線LANの5ポート

  • 1ポート:親機
  • 2ポート:Xbox One X
  • 3ポート:Windows10 メイン機
  • 4ポート:ピクセラのテレビチューナー(Xbox用)
  • 5ポート:今回のスイッチングハブ

今回の新しいスイッチングハブの5ポート

  • 1ポート:上記無線LANルーターへの接続
  • 2ポート:PS4(今まで無線で繋いでました)
  • 3ポート:Nintendo Switch(今まで無線で繋いでました)
  • 4ポート:Xbox 360
  • 5ポート:Surface Book(アダプタ導入予定)

 

有線LANポートがたりなくなってきたら是非購入の参考にしてみてくださいね。

 

BUFFALO Giga対応 プラスチック筐体 AC電源 5ポート ブラック スイッチングハブ ローコスト版 LSW4-GT-5EPL/BK
  • バッファロー
  • 価格   ¥ 3,220 ¥ 3,478
  • 販売者 オンラインショップこまち ★出品者コメント欄を必ずご確認お願い致します★
クリックして今すぐチェック

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows, Windows:Accessory

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.