Windows

クリーナーソフトウェア、Windows Defenderの削除対象ソフトに。

更新日:

aaaaaaaaaax

 

マイクロソフトは人々を怖がらせる”クリーナーソフトウェア”や”オプティマイザー”アプリケーションを検出して削除することを発表しました。

この問題のプログラムの大半は、エラーを検出して人々を怖がらせるメッセージを表示し、改善するために有料版へのアップグレードを進めるという物です。

このタイプのプログラムが現在増加しており、問題となっています。

 

マイクロソフトはこの問題について評価基準をブログで掲載しました。

 

・プログラムに追加サービスのためにお金を払うことや余計なアクションを行ったり、強制メッセージを行うなどの誤解を招くようなコンテンツを表示してはなりません

・ユーザーのシステムについての誇張したエラー報告、調査するためのソフトウェアのダウンロード、メールマガジンのサインアップといったアクションでの支払い要求

・報告されたエラーや問題が実際には修正されない

・主張や問題が解決するにはユーザーに時間を与えること

 

この問題は2016年から調査しており、マイクロソフトは2018年3月1日からこれらのソフトウェアを”不要なソフトウェア”と分類し、Windows10から削除するようになります。

 

ソース:

//www.windowscentral.com/windows-defender-will-soon-set-its-sights-coercive-cleaner-software

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.