Windows

アンチウィルスソフト「ウェブルート」でWindowsのシステムファイルを誤検知して削除する不具合が発生。

更新日:

アンチウィルスソフト、ウェブルートは様々なトラブルから守るクラウド型セキュリティソフトですが、4月24日11時52分(米国サマータイム)から13分間Windowsのシステムファイルを誤検知して隔離してしまうという不具合があったようです。

 

image

 

 

問題はわずか12分で修正されましたがクラウド型のウィルス対策ソフトだったこともあり、多くの被害報告があったようです。

この不具合が発生したいくつかのユーザーの報告によるとシステムファイルが隔離されるためWindowsが上手く動作しないようになったとのことです。

 

過去にGoogleやFirefoxの開発元Mozillaもアンチウィルスソフトを別で導入することは逆効果の可能性を指摘していますがウィルス対策ソフトの取り扱いには気をつけたいところですね。

 

ソース:

https://www.webroot.com/jp/ja/

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170501/Slashdot_17_05_01_063206.html

 

ウェブルート・ソフトウェア SecureAnywhere アンチウイルス for ゲーマー 1年1台
ウェブルート (2016-02-26)
売り上げランキング: 1,516

--

注意

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

また問題が起きた際対応出来るようにサイト利用でのIPアドレスは控えさせて頂いております。 予めご了承下さい。

-Windows

Copyright© WPTeq , 2017 All Rights Reserved.