Office

Microsoft、Outlook.comをPWAにアップグレードするようです。

マイクロソフトは米国でOutlook.comのWebサイトをProgressive Web Apps(PWA)に変更したようです。(記事執筆時現在日本では確認出来てません) これによりあらゆるPWAをサポートするプラットフォームでWebアプリをインストールすることが出来ます。 Windows 10のメールアプリよりもブラウザーのUIの方が好みという場合、この機能を利用すると便利かも知れません。

PWAは基本的にWebサイトと同じですが、優れたキャッシュや通知機能、一般のアプリのように使えるバックグラウンド機能があります。 マイクロソフトは最近PWAを徐々に採用しており、今後他のWebアプリにも採用される可能性があります。

Chromium版Mcirosoft EdgeやGoogle Chromeなどを持っている場合、Outlook.comにアクセスしてアドレスバーからインストールすることで、ネイティブアプリのようにブラウザーを扱うことが出来るようになります。

https://www.msn.com/en-us/news/technology/microsoft-has-turned-outlook-into-a-progressive-web-app/ar-BBXn0ni
https://www.msn.com/en-us/news/technology/microsoft-has-turned-outlook-into-a-progressive-web-app/ar-BBXn0ni

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Office
-, ,

© 2020 WPTeq