Windows

Windows 11 TPM 2.0の要件を無視してアップグレード・インストールする方法。

従来のWindowsに比べてMicrosoftの新しいWindows 11は非常に高いスペックが求められます。これにより一部のユーザーから混乱と批判的な声が上がっており、マイクロソフトはサポートドキュメントを更新して状況を明確にしようとしています。

TPMはなぜ必要なのか

TPMはセキュリティを高めるために必要なハードウェア機能です。これにより最近話題になった”ランサムウェア”のようなOSの改ざんなどの検出ができるようになったり、コンピュータの異常を検知することも容易になるなどのメリットがあります。

Windows 11でTPM&セキュアブートを回避する2つの方法

TPM&セキュアブートの検知を回避するレジストリ変更

Windows 11のインストールでTPM 2.0がない、Secure Bootがないといった理由でOSのインストールがブロックされる場合、レジストリーの変更で回避することができます。

  1. Windows 11のセットアップ画面で『Shiftキー+F10』を押してコマンドプロンプトウィンドウを開く
  2. regedit.exeを実行
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setupに移動する
  4. 新しいキー『LabConfig』を作成する
  5. 『Labconfig』の下に下記の2つの新しいエントリーを作成するとエラーが出なくなります。
  • BypassTPMCheck=dword:00000001
  • BypassSecureBootCheck=dword:00000001

上記の設定を行うと、Windows 11セットアップでTPMとSecureBootの検出が回避され、インストールを続行できます。

ISOファイルを細工する方法も

レジストリーの変更が何らかの事情で行いたくない場合、Windows 11のメディアイメージのISOファイルを細工する方法もあります。

この方法はISOファイルを編集、再作成できるRufusやAnyBurnなどのサードパーティシステムを使ってISOデータを作り直す必要があります。

Windows 11のインストールメディアのSourcesフォルダーにあるappraiserres.dllファイルをWindows 10のISOファイルから取り出したものと置き換えることで、セットアップでのTPMとSecureBootの検知を回避することが出来ます。

製品版では出来なくなっているかも

この方法はリークされたWindowsのビルドでテストされたものであり、Windows 11のOSが実際にリリースされた際は機能しなくなっている可能性があります。

You'll be able to bypass Windows 11 TPM 2.0 requirement
You'll be able to bypass Windows 11 TPM 2.0 requirement

You can now bypass Windows 11 TPM 2.0 requirement by modifyi ...

www.windowslatest.com

--

 

 

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-, ,