ニュース

MS、新たに独自ARMベースプロセッサを設計中か?

BloombergはIntelをサプライチェーンから排除し、Azureサーバーファームにおいて独自ARMプロセッサを検討していると報道しています。

 

プロセッサ設計中か

マイクロソフトのスポークスマンFrankShaw氏は「シリコンは技術の基礎的な構成要素であるため、当社は設計、製造、ツールなどの分野で自社の能力に継続的に投資する一方で、さまざまなチップ・プロバイダーとのパートナーシップを育成・強化しています。」とコメントしています。

報道によるとAzureクラウドビジネスの責任者であるJason Zander氏が主導しており、プロセッサデザイナーの採用が強化されているとのこと。マイクロソフトがARMプロセッサ開発に力を入れだしたのは、QualcommがARMベースのサーバーチップセットに関する計画を放棄したためとされています。

 

将来的には別の形でも?

チップは主にサーバー向けに開発されていますが、一部のSurfaceデバイスでも採用される可能性があるという報道があります。現在MicrosoftとQualcommが共同開発したMicrosoft SQ1およびSQ2チップのパフォーマンスはApple M1に比べてパフォーマンスが低いためパフォーマンスが向上したチップが期待されています。

In blow to Intel, Microsoft plans own ARM-based Surface and Server processors - MSPoweruser
In blow to Intel, Microsoft plans own ARM-based Surface and Server processors - MSPoweruser

Bloomberg reports that Microsoft is working to cut out Intel ...

mspoweruser.com

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-ニュース
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5