ニュース

MS、コロナウィルスの影響で勤務時間が短縮されても給料は変えないと発表。

世界的に新型コロナウィルスが流行している中、マイクロソフトは他社とは異なる取り組みを行っているようです。 マイクロソフトは特別な理由がない限り、全ての従業員に会社に出勤しないように指示したことを発表しました。 マイクロソフトは何らかの理由で自宅で作業できない場合、会社に来なくてはならない場合従業員にいくつかの手順を推奨しています。

 

給料カットはなし

新型コロナウィルスはマイクロソフトで時給単位で勤務している従業員にとって悪影響を及ぼしています。 マイクロソフトのカフェで働く人やシャトルの運転手など多くの人の仕事がなくなります。 しかしマイクロソフトはこういった時給単位で働いている人に対しても給与を削減しないという驚くべき決定を発表しています。

マイクロソフトの社長Brad Smithは、時給に依存している人々を支援する必要についてのブログ記事を投稿しており、たとえ労働時間が減ったとしても、彼らは通常の給料を得ると明らかにしました。

 

多くのイベントは中止に

マイクロソフトはアウトブレイクが始まって以来、多くの従業員に自宅勤務を推奨しています。 その影響でMicrosoft Teamsの使用量が500%も増加していると報告しています。

またマイクロソフトはMWC 2020やGDC 2020などのイベントに参加しないことを明らかにしています。

 

As we work to protect public health, we also need to protect the income of hourly workers who support our campus - Microsoft on the Issues
As we work to protect public health, we also need to protect the income of hourly workers who support our campus - Microsoft on the Issues

Microsoft has asked its employees who can work from home to ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-ニュース
-,

© 2020 WPTeq