Windows

Intel、競合企業に追いつくのに2年かかることを認める。

現在Intelは現在10nmプロセスの製造に苦戦していますが、競合メーカーのTSMCは既に7nmプロセスで製造しており、5nmプロセスの開発を行っています。

 

7nmはまだ先

IntelのCFOジョージデイビスはIntelが遅れていることについて、10nmプロセスの製造が前世代ほどIntelにとって生産的ではないことを意味すると話しました。

「19年5月に言ったように、これはIntelがこれまでに持っていた最高のノードではありません。14nmよりも生産性が低くなり、22nmよりも生産性が低下しますが、私たちは見てきた改善に興奮しており、2021年末により優れたパフォーマンスのプロファイルで7nmプロセスを開始する予定です。 」

 

別の方法でパフォーマンス改善

Intelは製造の問題を対処すべくプラットフォームレベルの改善によってパフォーマンスの向上を目指しています。具体的にはAIとソフトウェアの分野でハードウェアとの統合を行おうとしています。

Intelは2021年末までにTSMCに追いつくことを望んでいますが、TSMCは当然立ち止まっているわけでなく2022年末までに3nmプロセスを目指しています。

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq