Xbox/Windows10 Games

アクティビジョンブリザード、MSと合併するために必要であれば法廷で戦うつもりだと発言。

Webメディアポリティコは匿名の情報源から、Microsoftとアクティビジョンブリザードの取引を阻止するために米国の規制当局が訴訟を起こす可能性があるという記事を公開しました。これに対してアクティビジョンブリザードは訴訟に対して戦う気があると発言しています。

当局と協力はするがもしもの場合は戦うことも辞さない

アクティビジョンブリザードのCCOは『規制当局と協力はするが、もしもの場合は訴訟する準備がある』という趣旨のツイートを行いました。

マイクロソフトによるアクティビジョン・ブリザードの買収について、様々な憶測が飛び交っています。

この買収が反競争的な影響を及ぼす可能性があるとの指摘は、馬鹿げています。
この合併は、ゲーマーと米国のゲーム業界に利益をもたらすでしょう。特に、海外との厳しい競争に直面しているのですから。

私たちは、この取引を進めるために世界中の規制当局と引き続き協力することを約束しますが、必要であれば、この取引を守るために戦うことも辞さないつもりです。

アクティビジョンブリザードファンにもメリットが大きい

Xboxのフィルスペンサーはアクティビジョンブリザードの休眠タイトルについても買収後復活に向けて話し合いをしたいという発言をしています。またアクティビジョンブリザードのボビーコティック氏もマイクロソフトであれば『ギターヒーロー』や『スカイランダーズ』が復活できるかもしれないと期待のコメントを行っています。このことからファンにとってもこの取引のメリットは大きいと考えられます。

--

フィルスペンサー、アクティビジョンブリザードのレトロタイトル復活に意欲。ギターヒーローやヘクセンの名前も。 - WPTeq
フィルスペンサー、アクティビジョンブリザードのレトロタイトル復活に意欲。ギターヒーローやヘクセンの名前も。 - WPTeq

マイクロソフトはCall of Duty、キャンディクラッシュ、ワールドオブウォークラフト、オーバーウォッチな

wpteq.org

 

収益について

当サイトはGoogleアドセンス、Amazonアフィリエイト、楽天、A8.net、バリューコマース、ソニーストア、マイクロソフト、U-NEXT等のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得て運営されています。
 

-Xbox/Windows10 Games
-, , , ,