XboxOne/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

E3 2019の「サイバーパンク2077」のデモ、約45万円PCで30fpsで動作。

CD Projekt REDが発表したCyberpunk 2077はXbox E3 2019 ブリーフィングで特に注目を集めた作品の1つです。 美しいグラフィックスと独創的な世界、そしてキアヌリーブス。 あらゆる面で注目を集めていたこのデモですが、Speiel Timesの新しい報告によると、Cyberpunk 2077は4200ドル(約45万円)のパソコンで動作していたことがわかりました。

 

Cyberpunk 2077のパソコンの構成

CPU:Intel i7-8700K(@ 3.70GHz)
マザーボード:ASUS ROG STRIX Z370-I 
RAM:G.Skill Ripjaws V、2x16GB、3000MHz、CL15 
GPU:Titan RTX 
SSD:Samsung 960 Pro 512GB M.2 PCIe 
PSU:コルセアSF600 600W

PCGamesNの気の狂った数学者は数を計算し最大4233ドルの費用が必要だとしました。 タイタンRTX GPUの単価は2000ドルなので、この値段は驚くに値しません。 しかしパフォーマンスはどうでしょうか?

Digital FoundryのJohn Linneman氏によると、Cyberpunk 2077のPC版デモ映像は30fpsに制限された状態でゲームが実行されていたとのことです。

デモではRTXのグラフィックスカードを使っていたにもかかわらず、レイトレーシングをサポートした映像は公開されませんでした。

 

コンソールでもきちんと動作する?

Cyberpunk 2077はコンソールでも正常に動くかどうかはまだ分かりません。 E3 2019のデモはあくまでも開発中のビルドであり、今後最適化が進められるにつれて初代Xbox Oneのような比較的パワーの低いデバイスでも快適に動作することが求められます。

MSストアで見る

NVIDIA Titan RTX Graphics Card
  • nVidia
  • 価格   ¥ 317,168 prime
  • 販売者 eh-グローバルジャパン
クリックして今すぐチェック

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-XboxOne/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)
-,

Copyright© WPTeq , 2019 All Rights Reserved.