Xbox/Windows10 Games ゲーミング(Xbox/Windows)

【噂】Project Scorpioには4Kゲーム録画機能がサポートされる。

以前未発売のWindows Phoneのレビューをするなどマイクロソフトの内部との繋がりも深いWindows CentralですがあらたにProject Scorpioに関するリーク情報を公開しています。

それによると4Kゲーム録画機能がサポートされるようです。

 

phpazhzdq[1]

 

内蔵電源

Xboxシリーズでは今まで「カステラ」と呼ばれるほど大きな電源アダプタが付属していました。

しかしXbox One Sでついに廃止され、Project Scorpioでも引き続き電源アダプタは内蔵されるようだとのこと。

 

4KゲームDVR機能

Project Scorpioでは完全な4Kシステムにするとしていますが、4Kデコード用のシステム(HEVC、VP9コーデックのための)が搭載されるとのこと。

これは丁度Xbox One Sで実現している4K Netflix視聴などに使われている物に近いもので、Project Scorpioではこのユニットを使ってHEVCで2160p/60fpsでエンコードすることで4Kゲーム録画、4Kゲーム配信を実現させるとのことです。

 

マイクロソフトのゲーム配信サービス「Beam」では現在4Kストリームのテストをしており、将来的に60fps/4K解像度で配信できる物と思われます。

XboxOne/XboxOne Sは現在720p/30fpsが上限のためかなり大きなステップアップになります。

 

4Kキャプチャが安価に

現在動画作成者は外部キャプチャーカードを購入する必要があったため、動画作成はとても大変な作業でした。 特に4Kのキャプチャーボードになると非常に高価です。 そのためこのProject Scorpioのアップグレードは大変意味がある物になると思われます。

もちろんゲームだけではなく、XboxOne S同様に4Kブルーレイ再生、4Kストリーミングアプリなども対応している物と思われます。

 

正式な発表は2017年6月12日の朝に発表されるとされています。

 

ソース:

http://www.windowscentral.com/project-scorpio-hevc-internal-psu-4k-game-dvr

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games, ゲーミング(Xbox/Windows)

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5