Xbox/Windows10 Games

スケイルバウンド、リードプロデューサーがプラチナゲームズを退社。

XboxOne最大の新規IPの1つになる予定だったScaleboundは不運にも2017年の1月にキャンセルが発表されました。

そしてプラチナゲームズでスケイルバウンドのリードプロデューサーだったJP Kellamsが退社したことが分かりました。

 

scalebound06firstcover-1jpg-67c196_1280w[1]

 

JP Kellamsは関西外国語大学卒業後カプコンで「ビューティフルジョー」「モンスターハンター」「逆転裁判」「デビルメイクライ4」などの英語ローカライズ、デザインなどを担当。

その後プラチナゲームズでMad World、ベヨネッタ、ヴァンキッシュ、マックスアナーキー、メタルギアライジング、ワンダフル101、ベヨネッタ2などの主要なタイトルにシナリオとして参加していたメインメンバーの一人として知られています。

スケイルバウンドでは初のAAA、リードプロデューサーとしてドラゴンと共にプレイできるゲームデザインを考え、またスケジュール管理なども担当していたそうです。

 

Instagramではプラチナゲームズ、そして日本を離れ今後は新しい挑戦をしたいとコメントしています。

 

ソース:

https://www.instagram.com/p/BRkEwQkB6RT/

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Xbox/Windows10 Games

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5