Windows講座

Windows 11でAndroidアプリを使う方法!Amazon App StoreでKindleなども楽しめる。

 

先日Windows 11でAndroidアプリが利用できるMicrosoftのWindows Subsystem for Androidが日本向けにリリースされました。まだまだ開発中のもので機能も十分とは言えない部分もありますが、使い方次第では問題なく利用できるかと思います。今回はWindows Subsystem for Androidの利用方法をご紹介します。

Microsoft Storeでアプリを入手する

step
1
Microsoft Storeでアプリを入手

Windows 11のタスクバーまたはスタートから「Microsoft Store」を開いたら、上の検索バーから「Amazon アプリストア」と入力してアプリをインストールしましょう。

step
2
Android用Windows Subsystemのダウンロード

まだAndroid用Windows Subsystemがインストールされていない場合、ダウンロードするか聞かれますので、ダウンロードを選択します。

step
3
Amazon App Storeを開く

step
4
Amazon App Storeにログインする

step
5
セットアップ完了

Amazon App Store Previewでアプリをインストール

step
1
Amazon App Storeを開く

Amazon App Storeを開きます。

step
2
アプリを検索し、ダウンロード

欲しいアプリを探して検索してみましょう。見つけたらクリックしてダウンロードを選びます。

step
3
アプリを開く

インストール出来たら開くをクリックするとアプリを開くことができます。

任意のAPKファイルをインストール

Amazon App Storeで提供されていない任意のAPKファイルをインストールするには開発者モードを使用してインストールすることができます。ただし、Google Playのシステムを使用しているものは利用できませんのでご注意ください。

step
1
WSA Toolsをインストール

Microsoft StoreからWSA Toolsをインストールします。

MSストアで開く

step
2
開発者モードを有効にする

Windowsの検索バーに「Android」と入力し、Android用Windowsサブシステム設定を起動し、開発者から開発者モードを有効にします。

step
3
Install an APK を選ぶ

WSAToolsを起動し、Install an APKを選びます。

step
4
ADBを設定する

初回起動時はADBを設定します。特にない場合はInstallします。

step
5
APKをインストールする

APKを設定してインストールします。

--

-Windows講座
-, ,