Windows

Windows 11 Build 22000.651がInsider向けに提供開始、OSの安定性改善など。

Windows 11 Build 22000.651をInsider リリースプレビューチャネルに向けて配信を開始しました。今回のアップデートは消費者向けの新機能はありませんが、法人向けにいくつかの修正があるようです。

Windows 11 Build 22000.651修正内容

マイクロソフトによれば、起動が遅くなる不具合やブート画面で止まるというまれな不具合を修正しました。またブルースクリーンで起動しないという不具合も修正されたようです。

  • トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) 機能に関する問題を修正しました。
  • 毎日 24 時間使用中の Windows システムに影響する問題を修正しました。
  • 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) に影響する問題を修正しました。
  • マイクロソフトは、Microsoft Ege IE モードで Title 属性を追加しています。
  • マイクロソフトは、OSがビデオ字幕を誤って配置する可能性がある問題を修正しました。
  • Kerberos 認証が失敗する問題を修正しました。
  • サービスの更新後に Windows が BitLocker の回復に入る問題を修正しました。

オプションアップデートとして提供

現在はWindows 11 Insider向けのオプションアップデートとして提供されており、一般の消費者向けには1~2週間で提供されるものと思われます。

--

-Windows
-, , ,