Windows

Microsoft EdgeがVRR(可変リフレッシュレート)対応予定!長時間バッテリーを実現。

一般的に可変リフレッシュレートはスマートフォンや一部のゲーミング環境で使用されますが、Microsoft Edgeも採用する予定です。

バッテリー寿命増加やスムーズスクロールに対応

使っているPCが可変リフレッシュレートをサポートしている場合、WindowsはVRRのテクノロジーを使用してゲームのリフレッシュレートを最適化する機能があります。

この機能をMicrosoft Edgeブラウザーもサポートし、ブラウザーがスクロールする時はリフレッシュレーをあげ、文章を読んでいる際などページが動かない場合はリフレッシュレートを下げることが出来ます。

これはハイリフレッシュレートをサポートしているSurface Pro 8のようなデバイスでバッテリー寿命の増加などが期待できます。

今のところEdge Canary Buildで試すことが出来ます。

Surface Pro 8

プロのために設計された Pro で、これまで以上に可能性を広げてください。  Surface Pro 8 は、構成でインテル® Evo™ プラットフォームの上に構築することを選択できる初めての Surface Pro であり††、Windows 11 を最大限に活用できるように設計されています。Surface Pro 8 は、ラップトップのパワーとタブレットの柔軟性を兼ね備えており、象徴的なキックスタンドであらゆる角度に調整でき、取り外し可能なキーボード*、ビルトインの充電機能付きスリムペン格納部を備えています。^より大きな 13 インチのタッチスクリーンや Thunderbolt™ 4 ポートによる高速接続、必要に応じたスピードアップで素晴らしいことができます。

詳しくはコチラ

Microsoft is adding Variable Refresh Rate to their Edge browser for smoother scrolling and longer battery life - MSPoweruser
Microsoft is adding Variable Refresh Rate to their Edge browser for smoother scrolling and longer battery life - MSPoweruser

We normally associate variable refresh rate with smartphones ...

mspoweruser.com

--

 

-Windows
-,