Windows

Apple M1チップはWindows 11を正式にはサポートしません。

Mac環境であってもParallelsエミュレータを使用することでWindows 11環境を構築することは可能ですが、ベアメタルで実行したいと考えていたMacユーザーには悪いニュースがあります。

現時点ではサポートされない

マイクロソフトはApple M1環境に対して『現在サポートされているシナリオではない』とRegisterに語りました。これは何を意味しているかはわかりませんが、Windows 11はサポートされていない環境ではアップデートなどの提供に制限がかかる予定です。

ARM版Windows 11

現在ARM環境でWindows 11を入手する方法は、Windows 11 Insiderバージョンを利用することです。マイクロソフトはWindows 11で動作要件を厳しく制限しており、これにより高い安定した動作が可能となります。

なおParallelsはWindows 11を正式にサポートしているため、MacでWindowsを使い続けたいのであれば99ドルのソフトウェアでWindows 11を実行するのが最良の選択となるかもしれません。

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-, ,