Windows

2022年にInternet Explorerのサポートを完全終了へ、サイトの互換性はEdgeが引き継ぐ。

MicrosoftはInternet Explorer 11のサポートを2022年6月15日に正式に終了することを発表しました。Windows 10が2015年にリリースされて以来、セキュリティアップデート以外の更新はInternet Explorer向けに提供されていませんでしたが、これで完全に終了することになります。

Internet Explorer専用サイトも当面はEdgeで見られる

一部の銀行や政府などのWebサイトでは、未だにInternet Explorer専用Webサイトが存在します。しかしその場合もMicrosoft EdgeはIEモードが搭載されているため、Internet Explorer専用Webサイトに引き続きアクセスすることが可能です。

新しいMicrosoft Edgeに切り替えよう

新しいMicrosoft Edgeは、Internet Explorerのサイトが見られるIEモードが搭載されているほか、Google Chromeと同じChromiumをベースとしているため最新のWebサイトにも迅速に対応されています。またRAM使用量の削減、セキュリティの強化などの独自のチューニングも行われています。

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-