Windows

【噂】Windows 10、ついにネイティブAndroidアプリサポートの可能性。

マイクロソフトは、Microsoft Store(以前はWindows Store、Windowsマーケットプレイスなどとも呼ばれていました)のアプリギャップを埋めるプロジェクトに取り組んでいる可能性があります。

 

Windows Phoneで始まったあのプロジェクト

Windows 10でAndroidアプリをネイティブで実行しているという報告は、2014年にまで遡ります。Windows Phoneでは、少ないアプリの問題を解決するためにAndroidアプリをネイティブ実行するProject Astoria及びProjectIslandwoodに取り組んでいました。

しかしマイクロソフトがWindows 10 Mobileを辞めることを検討していた2015年にマイクロソフトはProject Astoriaを放棄しました。公式にはAndroidサブシステムはWindows 10 Mobile全体のパフォーマンス低下の可能性があったためとしています。

Androidが公式に動くかも

現在はサムスンスマートフォン限定でストリーミングによってアプリをWindows上で動いているように扱える機能が提供されている他、BluestackやNoxのようなサードパーティのエミュレータアプリでAndroidアプリをWindowsで実行出来ますが、公式にローカルで実行出来る方法が出来る可能性があります。

開発者はこの機能を使うことで、Android向けに開発していたアプリケーションをMicrosoft Storeで公開出来、互換性のあるWindowsハードウェアでアプリをインストール出来るようになるはずです。

これはWindowsの開発者が何を意味するのか、MSストアのアプリギャップを埋めるかは分かりませんが、Windowsの開発者を遠ざける可能性があります。しかし一方でWindowsのタッチベース及びUWPアプリの開発は多くの開発者にとって魅力がないものであり、ここ数年アプリが作られることは著しく下がっている傾向にありました。

Microsoft StoreでAndroidアプリを実行出来るようになれば、今までよりもタッチフレンドリーなアプリが使いやすくなる可能性があります。

created by Rinker
日本マイクロソフト
¥6,304 (2021/01/18 11:58:09時点 Amazon調べ-詳細)
Windows 10 is reportedly getting native Android apps support
Windows 10 is reportedly getting native Android apps support

Microsoft is working on a new project that will close the ‘a ...

www.windowslatest.com

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。当サイトは、マイクロソフトおよびその他のアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

 

-Windows
-,

© 2021 WPTeq Powered by AFFINGER5