Windows

Windows 10オプションの累積的な更新プログラムKB4559004が提供開始。

マイクロソフトはKB4559004の配信を開始しました。これは1809、1903、1909のバージョンを対象とした任意のアップデートとなっています。

 

主なアップデート内容

Windows 10バージョン1909または1903を使用している場合、MicrosoftはKB4559004を提供し、OSがそれぞれ18363.997または18362.997をビルドするようにします。

アップデートには、次のハイライトが含まれています。

  • 特定のシナリオで拡大鏡がMicrosoft Excelで機能しなくなる可能性がある問題を更新します。その結果、Microsoft Excelも機能しなくなる可能性がありました。
  • 検索ボックスから以前の用語を削除できるようにファイルエクスプローラーを更新します。
  • RAWイメージやその他のファイルタイプのディレクトリを参照すると、ファイルエクスプローラーが機能しなくなる問題を修正します。
  • システムがWindows Hello Faceカメラを認識できない問題を修正します。
  • ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)LTEモデムを使用しているときに、Windows 10デバイスがインターネットに到達できない可能性がある問題を修正します。
  • 時間制限や活動報告などの家族安全機能がARM64デバイスで機能しない問題を更新します。

 

以下機械翻訳となります。

1909/1903

修正の完全なリストは次のとおりです。

  • Microsoft Officeの共有機能を使用できない問題を解決します。これは、条件付きアクセスが有効になっている場合に発生します。
  • SharePointサイトから複数のドキュメントを開いたときに発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • アンカーリンクを使用して参照するときに発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • 展開イメージのサービスと管理(DISM)を使用する場合、特定のシナリオでユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)のプロビジョニングが失敗する原因となる問題に対処します。
  • 特定のシナリオでSharePointでドキュメントを開くことができない問題に対処します。
  • 特定のシナリオでMicrosoft Excelで拡大鏡が機能しなくなる問題を解決しました。その結果、Microsoft Excelも機能しなくなる可能性があります。
  • 仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)環境のスタートメニューアプリとタイルの問題に対処します。は、2回目にサインインした後、非永続的な仮想デスクトッププールでリモートデスクトップユーザープロファイルディスクを使用した後に発生します。
  • 一部の.msiアプリをインストールできない問題に対処します。これは、AppDataフォルダーをネットワークフォルダーにリダイレクトするグループポリシーによってデバイスが管理されている場合に発生します。
  • カスタムテキストラッピング機能を使用するアプリが特定のシナリオで動作を停止する可能性がある問題に対処します。
  • Microsoft Outlookを使用するときにハンドルの数を増やす可能性がある問題に対処します。
  • 新しい子ウィンドウがちらついて、はっきりとした視覚的コントラストに設定されたサーバーデバイスで白い四角として表示される問題を解決します。
  • 現在のシステム外でUnicode文字を含む長いパスアドレスを誤って計算する問題に対処します。
  • 検索ボックスから以前の用語を削除できるようにファイルエクスプローラーを更新します。
  • 生のイメージやその他のファイルタイプのディレクトリを参照すると、ファイルエクスプローラーが機能しなくなる問題を解決しました。
  • Windowsリモート管理(WinRM)サービスのスタートアップの種類の移行を妨げる問題に対処します。
  • 以前の累積的な更新プログラムをインストールした後、モノのインターネット(IoT)デバイスがアクティブ化されない問題を解決します。
  • 時間制限や活動報告などの家族安全機能がARM64デバイスで機能しない問題に対処します。
  • 別のユーザーがドメインの資格情報でマシンを使用した後、スマートカードのサインインボックスに以前のユーザー名のヒントが引き続き表示される問題に対処します。
  • Windows 10バージョン1903またはWindows 10バージョン1909からのアップグレードが失敗する原因となる問題に対処します。これは、システムがAzure Active Directoryに参加し、BitLockerがPINプロテクター用に構成されている場合に発生します。
  • Remote Credential Guardを有効にすると、lsass.exeがターミナルサーバー上で動作を停止する問題を解決します。例外コードは0xc0000374です。
  • システムがWindows Hello顔カメラを認識できない問題に対処します。
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)がファイルの除外を適用できない場合がある問題に対処します。これにより、アプリケーションの互換性の問題が発生します。
  • Microsoft Defender ATPで自動調査が失敗する原因となる問題に対処します。
  • 悪意のあるコードインジェクションアクティビティを特定するMicrosoft Defender ATPの機能を向上させます。
  • コンソールコマンドの出力で、日、月、年のフィールドの前に奇妙な文字が表示される問題に対処しました。
  • dcpromo.exeを更新して、ドメインコントローラーに昇格したときに、メンバーサーバーから「ネットワークアクセス:SAMへのリモート呼び出しを許可するクライアントを制限する」ポリシーを削除します。これにより、クライアントはこれらのドメインコントローラにセキュリティアカウントマネージャ(SAM)接続を確立できます。
  • Credential Guardを有効にするWindows 10デバイスがマシン証明書を使用するときに認証要求を失敗させる可能性がある問題に対処します。
  • ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)セッションをイベントID 2889で安全でないセッションとして誤って報告する問題に対処します。これは、LDAPセッションが認証され、Simple Authentication and Security Layer(SASL)メソッドでシールされた場合に発生します。
  • ネットワークファイルシステム(NFS)サービスを実行しているサーバー上のnfssvr.sysでSTOPエラー7Eを引き起こす可能性がある問題に対処します。
  • 必須または移動ユーザープロファイルを使用するように構成されたデバイスで、組み込みの最新のアプリケーションが機能しなくなる問題を解決します。エラーは802b000a(E_XAMLPARSEFAILED)です。
  • 分散ファイルシステム(DFS)レプリケーションサービスが開始されると、システムイベントログに分散コンポーネントオブジェクトモデル(DCOM)エラーを記録する問題に対処します。
  • ワイヤレスワイドエリアネットワーク(WWAN)LTEモデムを使用しているときに、Windows 10デバイスがインターネットに到達できない可能性がある問題に対処します。ただし、通知領域のネットワーク接続ステータスインジケーター(NCSI)は、まだインターネットに接続していることを示している場合があります。
  • コンピューターセッション中にユーザーが支援を受けているときに、Microsoftリモートアシスタンスプロセス(msra.exe)が機能しなくなる問題を解決します。エラーは0xc0000005または0xc0000409です。
  • サーバーメッセージブロック(SMB)がファイルへの元のキャッシュされた非連続利用可能ハンドルを誤って使用する原因となる問題に対処します。これは、ネットワークエラーまたはストレージフェイルオーバーの後に無効になります。その結果、アプリケーションはSTATUS_UNEXPECTED_NETWORK_ERRORなどのエラーで失敗します。

あなたはできる手動ここでそれをダウンロード

WINDOWS 10 1809

Windows 10バージョン1809をお使いの場合、マイクロソフトはKB4559003を提供しており、OSのビルド番号は17763.1369です。

アップデートには、次のハイライトが含まれています。

  • 特定のシナリオで拡大鏡がMicrosoft Excelで機能しなくなる可能性がある問題を更新します。その結果、Microsoft Excelも機能しなくなる可能性があります。

修正の完全なリストは次のとおりです。

  • SharePointサイトから複数のドキュメントを開いたときに発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • アンカーリンクを使用して参照するときに発生するMicrosoft Edge IEモードの問題に対処します。
  • 特定のシナリオでMicrosoft Excelで拡大鏡が機能しなくなる問題を解決しました。その結果、Microsoft Excelも機能しなくなる可能性があります。
  • カスタムテキストラッピング機能を使用するアプリが特定のシナリオで動作を停止する可能性がある問題に対処します。
  • 特定のシナリオでSharePointでドキュメントを開くことができない問題に対処します。
  • STOPエラー0x50 PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREAを引き起こす可能性があるdxgkrnl.sysの信頼性の問題に対処します。
  • Microsoft Outlookを使用するときにハンドルの数を増やす可能性がある問題に対処します。
  • Microsoft Teamsを使用してアプリケーションを共有すると、アプリケーションがちらつく、または応答を停止する問題を解決します。
  • 現在のシステム外でUnicode文字を含む長いパスアドレスを誤って計算する問題に対処します。
  • Windows 8.1アプリがStartProjectingAsync APIを使用する場合に、それらのアプリがセカンダリディスプレイに投影できない問題を解決します。
  • 日付でフィルターした場合、イベントビューアーがフィルターされたイベントの完全なセットを保存できない問題を解決します。
  • 別のユーザーがドメインの資格情報でマシンを使用した後、スマートカードのサインインボックスに以前のユーザー名のヒントが引き続き表示される問題に対処します。
  • Remote Credential Guardを有効にすると、lsass.exeがターミナルサーバー上で動作を停止する問題を解決します。例外コードは0xc0000374です。
  • Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)がファイルの除外を適用できない場合がある問題に対処します。これにより、アプリケーションの互換性の問題が発生します。
  • Microsoft Defender ATPで自動調査が失敗する原因となる問題に対処します。
  • 悪意のあるコードインジェクションアクティビティを特定するMicrosoft Defender ATPの機能を向上させます。
  • ネットワークコントローラー(NC)ホストエージェントが仮想マシン(VM)が移動したことを誤って報告する原因となる問題に対処します。
  • Wired AutoConfig(dot3svc)サービスでデッドロックを引き起こす可能性がある問題に対処します。
  • Active Directoryフェデレーションサービス2019(AD FS 2019)クライアントでアプリケーションが期待どおりに実行されない可能性がある問題に対処します。これは、アプリケーションが非対話型認証要求中にiFrameを使用し、X-Frame-OptionsがDENYに設定されている場合に発生します。
  • ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)セッションをイベントID 2889で安全でないセッションとして誤って報告する問題に対処します。これは、LDAPセッションが認証され、Simple Authentication and Security Layer(SASL)メソッドでシールされた場合に発生します。
  • Microsoft Authenticatorアプリケーションからの通知について電話をチェックするようにユーザーに通知するメッセージを更新します。このメッセージは、AD FS Azure Multi-Factor Authentication(MFA)アダプターを使用して認証が行われた場合にのみ表示されます。
  • dcpromo.exeを更新して、メンバーサーバーがドメインコントローラーに昇格したときに、メンバーサーバー上の「ネットワークアクセス:SAMへのリモート呼び出しを許可するクライアントを制限する」ポリシーを削除します。これにより、クライアントはこれらのドメインコントローラにセキュリティアカウントマネージャ(SAM)接続を確立できます。
  • Credential Guardを有効にするWindows 10デバイスがマシン証明書を使用するときに認証要求を失敗させる可能性がある問題に対処します。
  • ネットワークファイルシステム(NFS)サービスを実行しているサーバー上のnfssvr.sysでSTOPエラー7Eを引き起こす可能性がある問題に対処します。
  • リモートデスクトップゲートウェイのSecure Sockets Layer(SSL)ブリッジ設定を破棄し、それらをデフォルトにリセットする問題に対処しました。
  • リモートデスクトップゲートウェイマネージャーのHTTPSまたはユーザーデータグラムプロトコル(UDP)設定のポート番号を更新できない問題に対処します。
  • スタンドアロンのリモートデスクトップセッションホスト(RDSH)サーバーがユーザーごとに複数のセッションを許可する場合に発生する問題に対処します。セッションから切断した後、元のセッションに再接続しようとすると、サーバーは代わりに新しいセッションを作成します。
  • Win32_RDCentralPublishedDeploymentSettingsをクエリするときに、Windows Management Instrumentation(WMI)プロバイダーホスト(WmiPrvSE.exe)がレジストリキーハンドルをリークする問題を解決します。
  • 分散ファイルシステム(DFS)レプリケーションサービスが開始されると、システムイベントログに分散コンポーネントオブジェクトモデル(DCOM)エラーを記録する問題に対処します。
  • コンピューターセッション中にユーザーが支援を受けているときに、Microsoftリモートアシスタンスプロセス(msra.exe)が機能しなくなる問題を解決します。エラーは0xc0000005または0xc0000409です。
  • サーバーメッセージブロック(SMB)がファイルへの元のキャッシュされた非連続利用可能ハンドルを誤って使用する原因となる問題に対処します。これは、ネットワークエラーまたはストレージフェイルオーバーの後に無効になります。その結果、アプリケーションはSTATUS_UNEXPECTED_NETWORK_ERRORなどのエラーで失敗します。
  • 100 GBのネットワークインターフェイスカード(NIC)を使用するとWindows Server 2019が機能しなくなるSMBの問題に対処します。これは、記憶域スペースダイレクト(S2D)およびSMBデーモン(SMBD)のシナリオにのみ適用されます。

アップデートには、次の既知の問題が含まれています。

症状 回避策
KB4493509をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスに「0x800f0982 – PSFX_E_ MATCHING_COMPONENT_ NOT_FOUND」というエラーが表示される場合があります。
  1. 最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、Windows 10で入力と表示の言語設定を管理するをご覧ください。
  2. [更新の確認]を選択して、2019年4月の累積的な更新をインストールします。手順については、Windows 10の更新を参照してください。

注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のようにPCをリセットします。

  1. [設定]アプリ> [リカバリ]に移動します。
  2. [このPCの回復をリセット]オプションで[開始する]を選択します。
  3. [ファイルを保持]を選択します。

マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

created by Rinker
マイクロソフト
¥3,690 (2020/09/28 02:48:14時点 Amazon調べ-詳細)

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, , ,

© 2020 WPTeq