Windows

Windows 10 Microsoft Defender ウィルス対策にファームウェア攻撃を検出できるUEFIスキャナーが搭載へ。

Windows 10の標準ウィルス対策ソフト「Microsoft Defender ウィルス対策(旧Windows Defender)」は、ヒューリスティックなリアルタイムウィルス対策保護と無料で利用出来るということを特徴としています。最近このソフトにはUEFIスキャナーと呼ばれる機能が追加されたようです。

 

ファームウェアの攻撃を防ぐ

Microsoft Defender AntiVirusでは、マザーボードと直接インタラクトすることで、ファームウェアをスキャンします。このスキャンにより、セキュリティの脅威を分析できます。

  • UEFIアンチルートキット(シリアルペリフェラルインターフェイス(SPI)を介してファームウェアに到達)
  • ファームウェア内のコンテンツを分析するフルファイルシステムスキャナー
  • 悪用や悪意のある動作を特定する検出エンジン

高度なセキュリティがこれひとつで。

Microsoft DefenderはWindows 10で利用出来る最も安全なウィルス対策ソフトの1つです。機械学習やクラウドデータ分析などの最先端の機能を使ってWindows 10を保護します。また競合他社のようにWindows 10の機能をブロックして不具合を引き起こす原因にもなりづらいという特徴もあります。

Windows 10、Windows Server 2016、Windows Server 2019 での次世代の保護 - Windows security | Microsoft Docs
Windows 10、Windows Server 2016、Windows Server 2019 での次世代の保護 - Windows security | Microsoft Docs

Windows 10 および Windows Server 2016 で使用可能な組み込みのマルウェア対策およびウイルス ...

続きを見る

created by Rinker
イーフロンティア EaseUS
¥4,378 (2020/07/04 06:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

--

 

 

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-, ,

© 2020 WPTeq