Windows

Windows 7 KB4539601が配信、デスクトップが黒くなるバグが修正。

Windows 7は2020年1月14日にすべてのサポート終了を迎えましたが、最後のセキュリティアップデートで迷惑な不具合が含まれていました。 これは特定の設定を行っている場合、Windows 7のデスクトップ壁紙が真っ黒になるというものです。

ユーザーからはこの不具合に苦情が上がっており、Microsoftは無料アップデートを引き続き2月に提供し、修正することを約束していました。

マイクロソフトは2月7日に最新のアップデートWindows 7 KB4539601を配信し、Windows 7 デスクトップ上の壁紙の不具合を修正しました。 これはオプション更新であり、コントロールパネルからインストールすることが出来ます。

Windows 7はすでにサポートが終了しており、悪意のある攻撃者に攻撃された場合、PCがハッキングされる可能性があります。 使い続ける場合インターネットから切断した状態で使うか、Windows 10へのアップグレードが推奨されます。

Windows 7 KB4539601 released to fix black desktop wallpaper
Windows 7 KB4539601 released to fix black desktop wallpaper

Windows 7 entered its End of Life phase on January 14, 2020, ...

続きを見る

Windows 7 KB4539601 released to fix black desktop wallpaper
Windows 7 KB4539601 released to fix black desktop wallpaper

Windows 7 entered its End of Life phase on January 14, 2020, ...

続きを見る

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-

© 2020 WPTeq