Windows

Windows 7、壁紙が真っ黒になるバグの修正は有料企業ユーザーのみ提供へ。

マイクロソフトはWindows 7向けにKB4534310とKB4523214という更新プログラムをリリースしています。 このプログラムはセキュリティに関する重要な更新を含みますが、壁紙が黒い画面に置き換わるという不具合があることが報告されています。

しかしWindows 7は既にサポートが終了しているため、一般ユーザー向けのバグ修正は行われない可能性があります。

マイクロソフトはこのバグの問題を認識しており不具合の対処方法を説明しています。

 

壁紙を直す方法

壁紙はデスクトップ壁紙が「ストレッチ」に設定されている場合黒く表示されることがあるとのこと。 この問題を回避するには解像度が一致する壁紙画像を使うか、塗りつぶしやフィット、タイル、センターなど他のオプションを選択して欲しいとしています。

 

アップデート開発予定

マイクロソフトはこの問題を修正するパッチを開発しているとしていますが、 Extended Secuity Updatesを購入したPCでのみアップデートは提供される予定です。 これは法人向けの有料アップデートプログラムであり、一般の個人向けにはアップデートが提供されない可能性があります。

 

--

多くの記事は海外サイトの記事を参考にしていますが、誤訳してしまっているものがある可能性があります。

 

-Windows
-

© 2020 WPTeq